白馬八方バックカントリースキー

本日は長野県全域で快晴だったので、久し振りに遠征をしに
「白馬八方~ガラガラ沢」を滑りに行ってきました~!!

朝6:00に乗鞍を出発、常連のSくんと合流し、コーヒーを飲み、
白馬に8:00到着!・・・。 朝イチから、リフト4本を乗りついで、
白馬八方尾根スキー場の最上部まで行き、八方池山荘から
本日の滑走目標である「ガラガラ沢」を目指して登って行きました。
(白馬は雪が少ないです!! ゲレンデ下部は例年の3分の1
ぐらいしか無かったです。)

f0182173_21552571.jpg
雲ひとつ無い快晴の空の下、白馬三山をバックに登ります!

f0182173_21553941.jpg
反対側には五竜岳が険しい顔をして堂々と切り立っていました。

f0182173_21555180.jpg
今日はとても暖かく、ジャケットを脱いでも汗が額に流れます・・・・。
ここ最近、降雪は無く、「今日はもう良い雪が残っていないかな~?・・・」
と、足跡が無数に付いた広い尾根を、Sくんとしゃべりながら、ゆっくりと
歩いていきます・・・。白馬はアウェイなので僕達はビジターなのです・・・。
ここ白馬八方尾根のバックカントリーは、僕は何回かしか来たことがなく、
地形も分からないので他の人と一緒に行きました。周りの人を見ていると、
イングリッシュでお話をされています!・・・。 最近、長野県で増えている
オーストラリア人客が、バックカントリーでも多いのには、ちょっとビックリ
でした・・・。

f0182173_2156441.jpg
第一ドロップポイントの「八方池」に到着です。そこから見た「不帰ノ瞼」です。
その昔、あまりにも険しい岩稜の山のために、一度行くと帰って来れなさそう
なので「不帰ノ瞼」(かえらずのけん)と名前が付いたとか・・・。すごく険しい
山容です!!

f0182173_21562088.jpg
本日の一本目のSくんの滑り!すばらしいドライヴが利いたターン!
諦めていた雪質は、なんと!、20~30cm程のパウダーでした!!
思いっきり最高ですっ!! こんな事ってあるんですね~~。

f0182173_2156327.jpg
同じく、1本目の僕の滑り。 「ガラガラ沢」の下部に向かって落ちて
行きます~。 「イィ~~~ハァ~~~~~!!」と、思わず叫んで
しまいますね~~!!

f0182173_21572289.jpg
1本目を滑り終えた後、もう一回今度は2段ぐらい高い所からドロップイン
してやろうと、2時間以上登り返して八方尾根稜線の「丸山ケルン」へと
登り返して行きました・・・。 そして白馬三山をバックに、再度記念撮影。
今日は何枚写真撮ったか分りません!ありえない程の紺碧の青い空です!
「僕達はどれだけ良い行いをしたのだろうか?!」と、パートナーのS君と
一緒に、この幸運を感謝して、天を仰ぎ、運の女神に十字を切って祈りました・・・。
白馬三山は、右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳です。

f0182173_21573868.jpg
丸山ケルンに到着! ヤッタ~~・・・・!!!
絶景の山景色の中心のここで、ランチ&コーヒーをして、感動してました。
後ろには、妙高山塊~火打岳、戸隠、志賀高原も見えました!。


そのあと、このケルンの裏から本日二本目の滑走。「無名沢」へドロップイン
しました~!!!
f0182173_21575024.jpg
Sくんのパウダーライディング。予想に反して最高のパウダーでした~~!!
1ターンづつ、パウダースノーの上を滑る快楽を噛みしめながら、スピードに
乗っていきます。 2本目も、感じるままに、限りなく美しい雪の斜面に自分の
ラインを描きました。

f0182173_2158342.jpg
そして、沢の下まで、どこまでも延々と落ちて行きました・・・・。


最高の快晴の空と、最高の雪の斜面と、何もない雪のキャンパスにラインを
描く情熱と。その全てが一瞬にして一緒に感じられるスキーというスポーツに、
感謝です。 最高でした!!
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-02-05 22:41 | 山の風景

<< ワイン ⑪ Magical Go Go !! >>