フレッシュフルーツカクテル

今日のお酒のご紹介は、初めての「カクテル」の紹介です。
しかも、生フルーツを使って大きめのボストン・シェーカーで作るカクテルです。
今回は、今が旬のイチゴを使って、「ストロベリー・マティーニ」を紹介してみます。

それでは~~。
f0182173_11293692.jpg
本日使う材料と機材です。材料はジンの芸術・タンカレィー・ジン、イチゴ数個、
それと画像にはないですが、リキュール少々とシロップ少々です・・・・。
機材は大きめのグラスがそのままシェーカーの一部になるボストンシェーカーを使います。

f0182173_11294831.jpg
まず最初にボストン・シェーカーのグラス側にイチゴを入れて、ペストルでジュースになるまで
「おいしくな~れ・おいしくな~れ・・・」と念じながら潰していきます・・・・・。

f0182173_11295956.jpg
そこへジン、リキュール、シロップなどの酒類を注いでいきます。

f0182173_11302412.jpg
材料が全部入ったら、「テイン」というステンレスシェーカーに氷を入れて、
材料が入ったグラスと重ね合わせて一つのシェーカーにしてシェークします!
カシャカシャとリズム良く、スナップを利かせて振るのがコツです!

f0182173_11304061.jpg
シェークが仕上がったら、素早くカクテルグラスに注ぎます。
注ぐ時には「バースネスト」という、荒い茶漉しのようなものを使って
大きめの果肉を除きながら、グラスに注ぐのです。これが結構ムズカしい・・・・・。

f0182173_11305477.jpg
飾りを付けて完成です。今日はイチゴをそのまま飾りましたが、マラスキーノチェリーやミントを飾る時もあります。 
それでは、「お待たせいたしました、どうぞ!」

この作り方で、他のキウイやマンゴー、ブドウやラズベリー類などの潰しやすい
フルーツを使っても作れます。特にオススメは、「キウイ・マティーニ」です。
ジンとの相性も良く、キウイの甘さと酸味が絶妙です!
(このボストンシェーカーを使ったフレッシュカクテルは、作るのが大変なので時間がかかります。 出てくるまで、少しの間お待ちください。特に混雑時は・・・・)
ご来店お待ちしてま~~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-02-07 11:32 | お店のご案内

<< アナ~キ~リムズ、再見参! ワイン ⑪ >>