原生林の森へ・・・クロカンツアー

2月12日木曜日、前日に降った久し振りの新雪を楽しみに、マスターはクロスカントリーツアーに参戦してきました。メンバーは20~40代の男女11名の賑やかな一行でした。

ゲレンデでちょっと足慣らしをした後、リフトを乗り継いで、三本滝のかもしかゲレンデ下へ。
ここからスタートする「小リスの径」を通って、「東大ヒュッテ」へと向います。
f0182173_1201580.jpg
快晴の中、パフパフの深い雪の感触を確かめながら、気持ち良く進みます。
f0182173_121243.jpg
こんな小高い場所を見つけては、シューと滑り下りる感覚を皆で楽しんでいます。
バックには山頂剣ヶ峰がツンと尖って見えています。
f0182173_11585481.jpg
11時半頃に休暇村のそばにある「牛留池」に到着。完全に凍結したこの時期ならではのお楽しみ、池の上を堂々と歩くことができるのです。
そして、池の畔にある東屋を借りて、この絶景、乗鞍山頂を眺めながらのランチタイムです。
f0182173_1223563.jpg
この日は各自持参のオニギリとM夫妻が用意してくれたけんちん汁です。バーナーで具と汁を温めて、その中に別に茹でてきた「そうめん」をミニザルに入れてしゃぶしゃぶとして食べるのです。名物「とうじそば」みたいですね。
自然に囲まれて皆で食べるランチは気分最高、午前の部の疲れが吹っ飛びます。
f0182173_123117.jpg
お腹が満たされたら、午後の部が始まります。林間の「口笛の径」を通って一の瀬園地へと向かいます。マスターは中々の足さばき・・・・?あまり転ばないらしいです。
f0182173_1233753.jpg
ゲレンデで華麗なアルペンターンを見せるボスのTさんも、こんなことになってしまうのが、クロカンのとっても面白いところです。もう、雪まみれで笑うしかありません・・・
f0182173_1234930.jpg
午後3時頃、無事ゴールの「いがやスキー場」下に到着です。レンタルした板と靴を返却して、皆でコーヒータイムを楽しみました。

翌日、痛いところが出た人もいたようですが・・・楽しかったのでOKってことです。
こんな風にスノーシューやクロスカントリースキーを利用すると、広大な乗鞍中を楽しく闊歩できるのです。まだ、体験したことのない方は、今シーズン是非トライしてみて下さい!
自然の中に我が身を置いて楽しむ豊かな時間、普段目にすることの出来ない森の中の動植物に関する新しい発見があります。
当スプリングバンクにお問い合わせいただければ、ツアーのご紹介なども致します。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-02-14 12:01 | 山の風景

<< ワイン ⑬ ヴァレンタイン・デイ イヴ(前夜) >>