アイスクライミング

今回は、「善五郎の滝」の氷瀑でのアイスクライミングに挑戦してきました!
実は、僕はクライミングの経験が全く無く、ほとんど初心者なのですが、登山用品店である、
「カモシカスポーツ・松本店」のガイドのNyさんに誘われて、行って来ました・・・・。
f0182173_1062124.jpg
クライミングとは、垂直の岩壁を少しの道具を使って登ることです。
アイスクライミングは文字通り、冬に凍った滝などの氷の壁を登って行くことです。 
アイスクライミングの場合、道具は鉄の足爪である「アイゼン」と、鎌のような「アイスアックス」
になります。それらの道具を凍りに突き刺して少しずつ登って行くのです・・・・。
そして、もし滑落しても死なないようにザイル(ロープ)でビレイをとって落ちないようにして、
2人一組でクライミングします。これがとても大切な作業なのです!

f0182173_1065014.jpg
クライミングのガイドもしているNyさんのクライミング!背筋が伸びたフォームでカッこい~!

今日の早朝6時にみんなで集合して、このアイスクライミングをしてきました!
今日の「善五郎の滝」は、ここ最近の暖かさでかなり融けてしまって、氷の部分が崩壊していました・・・。ブログの12月~1月の「氷瀑」という題名で、凍った善五郎の滝をレポートしていますが、その頃は素晴しい凍りつきで、とても迫力ありましたが、今日はもう氷が融けてしまってて、
アイスアックスを打つと氷が剥がれて落ちてしまいます。その中から滝の水シブキがかかって、ウェアがすぐに凍りつきました・・・・。柔らかい氷で登るのもちょっと怖かったです。

f0182173_107462.jpg
初挑戦の僕のクライミング! 背筋が丸くヘッピリ腰です・・・・・。
僕は山スキーで冬山登山はしますが、垂直の氷壁を登るのは初めての経験です!!
冬山の稜線のアイスバーンで「アイゼン」を付けて行動した経験は何回もありましたが、
本当にザイルでビレイとっての垂直の氷壁を登るのは、久し振りにドキドキしました。
アイスアックスを打ったりアイゼンの足をけり込むと、意外と固い氷でも刺さります。
その氷にギアを突き刺す感覚がとても面白くて、何回もクライミングさせてもらいました。

f0182173_1071721.jpg
ガイドのNyさんに教えてもらった登り方を駆使して、こんな初心者の僕でも、なんとか上まで滑落せずに登ることが出来ました。クライミングというと、エクストリーム系のアウトドアスポーツというイメージがありますが、僕もやってみると、実はとても楽しいスポーツだと感じました。

Nyさん&Fさん、楽しかったです。ありがとうございました!!感謝です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-02-17 10:07 | 山の風景

<< 妙高スキーツアー 乗鞍高原スキー場 ゲレンデ情報 >>