ゴードン&マックファイル

今回何年か振りに、モルトウイスキーの雄「ゴードン&マックファイル」が
「コニッサーズチョイス」シリーズのラベルをリニューアルしたので、そのなかの1本、
「ブレイス・オブ・グレンリヴェット」を取り寄せてみました・・・。

「ゴードン&マックファイル」とは、モルトウイスキー界の先駆者で重鎮!
スコットランド北部にあるエルギン市で1895年から百年以上も続く、
独立したモルトウイスキーボトラーズです。
蒸留所(ウイスキー工場)から樽でウイスキーを直接買い取り、自社で熟成させて、
自社のラベル(コニッサーズチョイスなど)でウイスキーを販売する業者なのです!
f0182173_1039365.jpg
今回のニューボトルは右側の青いボトルです。
この3本はどれもゴードン&マックファイルの「コニッサーズチョイス」シリーズですが、
真ん中のボトルはいままでのラベル、左側のボトルは15年以上前のオールドボトルです!
なので、ニューボトル以外はもうデッドストックでなかなか手に入りません・・・・。
「コニッサーズチョイス」シリーズはどれもスコットランドの地図がラベルに書いてあり、
味わいもバランス良くて、人気のモルトウイスキーのシリーズです。
(因みに「コニッサーズ」とは、「鑑定家」という意味があります。)
f0182173_10394826.jpg
今回のニューラベルのボトル「ブレイス・オブ・グレンリヴェット、1975」です。
’08年ボトリングなので33年物です!繊細な香りのウイスキーで美味でした。
ニューラベルは、斬新な感じがします。

f0182173_1040027.jpg
少なくとも15年以上はオールドボトルの「トマーチン、1964」です!貴重なウイスキーで、
モルト界では「ホワイトラベル」と言われている時代のコニッサーズチョイスです。
60年代のウイスキーはもうほとんど残っていない中で、’64年蒸留(仕込みです)!!
なぜか60年代に造られたウイスキーはとても美味しくて、いままでのウイスキーの
歴史の中でも最高の時代だったと言われています・・・・。
オールドラベルは、なぜか古典的な感じで、僕が好きな伝統や歴史的な感じがします。

現在では、こちらのボトルはいつでもお飲みいただけます。
年代の違うラベルのコニッサーズチョイスのウイスキーを飲み比べては見ませんか?
ご来店お待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-02-24 10:41 | お店のご案内

<< 積雪観察講習 乗鞍高原スキー場 ゲレンデ情報 >>