セント・パトリックス デイ(3月17日)

明日、3月17日はアイリッシュにとって一大イベント、「セント・パトリックス デイ」です。

石畳と緑の大地、妖精伝説、ケルトの文化、神秘のイメージがある国、「アイルランド」。 
そのアイルランドでは、3月17日のセントパトリックスデイは一年でいちばんのお祭りです!
この日は世界中のアイリッシュ達が世界中の都市で、盛大なお祭りをします。
f0182173_13374837.jpg
セント・パトリックさんとは、アイルランドにキリスト教を布教した人で、この日は命日になります。
5世紀の初めにイギリスのブリテン島に生まれたのち、身売りでアイルランドに渡ります。
キリスト教を信仰していた彼はある日、夢のお告げで「アイルランドでのキリスト教布教」を
天使から命じられられ、当時ドルイド教が強かったアイルランドで布教活動に努めます・・・。
そして「ケルトのタラの大王」に、キリスト教の三位一体(トリニティ)の教義を、シャムロック
という三つ葉のクローバーのような草を用いて説明~布教したらしいです・・・・。

f0182173_13375975.jpg
このため、アイルランドの国花はこの「シャムロックの草」で、サッカーのユニフォーム、
会社のマークや郵便ポストに至るまで、このシャムロックと緑色になっているのです!。
(現在はキリスト教でもカトリックとプロテスタントの争いがありますが、もともとは
 のどかな国なのです・・・。)

f0182173_13381891.jpg
で、この「セント・パトリック デイ」がこの「SpringBank」と、どんな関係があるのかって??
もちろんアイリッシュといえば、「ギネス」と、「アイリッシュウイスキー」でしょう!!
ウイスキー愛好家にとっては、こういったイベントは格好の「飲む理由」になるのです。
お父さんもギネスは好き!?・・・・・。

この日はケルトな音楽でも聞きながら・・・・、ギネスをゆっくりと傾けながら・・・・、
ケルト文化やアイリッシュの歴史に心を開き、思いを馳せてみたいと思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-03-16 13:47 | イベント

<< フレッシュ フルーツ カクテル ② 乗鞍高原スキー場 ゲレンデ情報 >>