宮脇昭さんの植樹講習

先日のお店の休日に松本市内で行われた、宮脇昭さんの
植樹講習、「~さあ木を植えよう。 そして共に考えよう~」を、
友人と一緒に聞きに行って来ました~!!
f0182173_14372363.jpg
自称エコロジストの僕は、十数年前に雑誌か何かで「中国の
砂漠に木を植える」という、宮脇昭さんの記事を読んでから、
現在までず~~~っっと、「すごい人だな~!!」と、憧れて
いました・・・。そして今回、松本市の青年会議所主催で憧れ
だった宮脇昭さんの講習が開催されるという事を知り、スグに
申し込んで講習を受けてきたのでした・・・・。


宮脇氏は、植物生態学者として世界的に著名で、これまでの
定説を覆す「宮脇方式」と呼ばれる植樹・植林手法を用いて、
世界中1600ヶ所で森の再生を成功させてきた方なのです。
f0182173_14373343.jpg
カシ、ナラの木などの「ドングリの木」の苗を使って、人が手を
加えなくてもそのまま育つ、「本物の森」、を作るという自説を
実際にされているのです。 で、僕が「スゴイ!」と思ったのは、
全世界緑化運動として、中国の砂漠化した地域に木を植えて
いき、「砂漠化と戦う」という事をされている所です!!・・・。 
いや~~本当にスゴイ!・・・。

講習は約1時間半ぐらいで、その後宮脇昭先生の話は今までの
植樹活動を通して進み、「誰でも出来ます、やっていただきたい!」
と、強いメッセージを送られていました。

当たり前のことですが、普段のエコ生活や、出来るだけのCO2削減
もそうなのですが、森林を増やす「植樹&緑化運動」が一番の温暖化
対策なのです!! お店の少しの花壇だけでも、なかなか上手いこと
手入れ出来ない僕としては、植樹をしたいと言ってもバカにされそう
なので、今年の春からはまず身の回りの花壇から、心を入れ替え?て、
始めて行きたいと思いました!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-03-21 14:41 | イベント

<< 乗鞍いがやスキー場、ラストデイ! 乗鞍ローカル技術選! >>