槍ヶ岳BCスキーツアー ②

昨日からの続き、「槍ヶ岳・バックカントリースキーツアー」
いよいよアタック日の2日目です。天気予報通り早朝から快晴で
朝日に輝いた山々が全て見えていました~。

f0182173_6563659.jpg
まだ暗い朝3:45に起きてお湯を沸かす所から始めます。
朝方はかなり冷えていて、-8℃ぐらいになりました~。
その後朝ゴハンを食べて用意をして、6:00からツアーを
開始っ!! 槍平から出発しました~。

f0182173_6564694.jpg
今回の滑走目標である岐阜県側の飛騨沢を一歩一歩確実に、
そして快調に登って行きます・・・。 でもこの「飛騨沢」は、
すご~く広大な沢なのです!! いくら滑っても足りない
ぐらいです!! 登っていると、少しずつ風が出てきました。
ちょっといや~な感じがします・・・・。

f0182173_765246.jpg
朝日がだんだん上がって来ました・・・。とにかく素晴しい
快晴で、景色は最高でした!!後ろは、双六~薬師岳側の
山々です。真っ白な山々が朝日で輝いています!!

f0182173_6571192.jpg
飛騨沢から、遠くに我らが「乗鞍岳」も見えました~!!!
もちろん乗鞍岳も朝日で白く光り輝いています!!

f0182173_6572082.jpg
槍平から約3時間かかり、稜線の「飛騨乗越」に到着です!
ここまで来て、やっろ槍ヶ岳の穂先が見えました~!!

間近にこんなに大きく槍ヶ岳が見えて、メッチャ感動です!!
し・・・、しかし・・・・、メチャ強い風!! と、とにかく強風で、
立っていられない程です!!・・・・。しかも稜線上はカリッカリ
のアイスバーンで、スキーもストックの先少しも刺さらない
ぐらいです!!・・・。 氷の斜面に刺さるのはアイゼンの刃先
のみで、スキーを担ぐと時折飛ばされそうになります。なので
この状況では、槍ヶ岳山頂は無理だと判断して、非常に残念
ですが登頂を諦めました・・・・。生きていればこそのスキーです。
そこまでの危険は冒せません・・・。

f0182173_657527.jpg
少しだけ稜線から下り、軟らかい雪がある所でアイゼンを外して、
スキーを履きます。とにかく強風なので、かなり寒いぃ~!! 
風にやられて手が悴んで動かないです・・・。でも、何とか今回の
メインイベントである「飛騨沢滑降」の準備完了です。飛騨沢の
大斜面を前に気分が高潮しますっ!!


飛騨沢滑降のライディング開始です~!!!
f0182173_658452.jpg
「飛騨乗越」の下50mぐらいからドロップ・イン!! 
うごおぉぉぉぉ~~~っつ・・・・・!!!!
稜線から下では軟らかいパウダーが積もっていました~!
スピードにも乗れて気持ちよかったです。

f0182173_6581816.jpg
そして僕の後に、稜線下からのS君のドロップ・イン!!
風紋のあるウインドパックされた斜面に、頑張って気合いの
ターンを刻んで行きます!!

f0182173_6582799.jpg
ターンの何回かは、こんなに美味しそうなパウダーが溜って
いて、気持ち良くターンが決まりました~!! 飛騨沢の
中腹はパウダーで、ここもスピードに乗ってドッカ~~ンと
一気に滑って行きました。

f0182173_6584811.jpg
「飛騨沢」全景。吸い込まれそうな快晴、しかし手強いぐらいの
強風・・・・。その中に、僕達が刻んだシェプールが少し見えます!
滑った斜面を見上げる、この時の快感!!・・・。この達成感の為に、
このバックカントリースキーをしているのかも知れませんっ!!

f0182173_714877.jpg
そして無事、テントに帰りつきました。無事に帰還しての記念撮影。

槍ヶ岳登頂をしなかったため時間が少し余ったので、コーヒーを
沸かして乾杯~~。 目標達成後の、この山の奥深い中で景色を
見ながらのコーヒーはまた最高でした~。

f0182173_6591331.jpg
帰りは5時間半かかって登って来た道をスキーで滑って行き、
3時間ぐらいかかって帰りました・・・・。

いろんな事がある人生の中で、なかなか完璧に目標達成の瞬間は
ありませんが、このバックカントリースキーという目標達成の
快感が得られる、厳しくも楽しい、大人の遊びに感謝です。
そして天気が良くて今回遊ばせてくれた「槍ヶ岳~飛騨沢」にも
感謝です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-04-05 07:07 | 山の風景

<< 蔵王でスキー 槍ヶ岳BCスキーツアー ① >>