ワイン 22

ゴールデンウィークが終わってまたヒマになってしまいましたので、
ゆっくりワインを飲みました・・・・。

今回のワイン、「ブルゴーニュ・ファニーサーブル」、2007年です。
f0182173_11153226.jpg
このワインはフランスは、ブルゴーニュ地方の広域のワインです・・・。

ドメーヌ・サーブルは従来、あの有名な造り手である「フィリップ・パカレ」さんが
コンサルティングしており、ワイン造りもパカレさんが担当していたのですが
2006年からはパカレさんのコンサルティング契約を終了し、独自でワイン造りを
するようになったのです。現在ワイン造りを担当しているのはマダム・サーブルの
娘の「ファニー・サーブル」さんです。その時、何とまだ若干23歳だったのです!
彼女は学校を卒業してから「パカレ」さんに、このドメーヌで自然派ワイン造りを
ブドウ栽培から~瓶詰めまでみっちり仕込まれたのでした・・・・。
 

そして2007年から彼女の造ったワインが市場にでました! ラベルもカワイイ
彼女のデザインに変更されていました~!! 「パカレ」のアドヴァイスを受け、
ドメーヌを引き継いだ彼女のワイン、興味深々で、コルクを抜きました!・・・・。
f0182173_11154225.jpg
開けてグラスに注ぐと、淡い、優しい香りがします・・・・。ピノ・ノワール特有の
トップノートです。香りはいつものベリー系じゃなく、果実感はチェリーや
プラムっぽいですね・・・。出来たての2007年なので、やはりちょっと若い感じも
します・・・。とても繊細なワインと感じます・・・。 飲むと、これも線の細い感じが
します。非常に軽くて、香りもスッと消えていきます・・・。とても軽いワインだと
感じました・・・。 なので、ゆっくり飲もうと思っていたのに、ゴクゴクと飲んで
しまいました~~。(反省)

「ドメーヌ・サーブル」は、1級畑にボーヌ・シュアシュー、アロース・コルトン
などを持っているので、次回は廉価版のブルゴーニュじゃなくて、畑名ワインへと
挑戦してみたいと思いました。
今後に注目のドメーヌ、ファニー・サーブルでした・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-05-11 11:41 | お店のご案内

<< 素敵な散歩道へ 乗鞍山頂、春山スキー >>