小布施ワイナリー見学

今日は定休日を利用して、前からずっと行ってみたかった
「ドメーヌ・ソガ」というワインを造る、「小布施ワイナリー」に、
見学しに行ってきました! ず~~っと行ってみたいと思って
いてなかなか行けませんでしたが、今回やっと行くことが
できました・・・・。 
f0182173_20182616.jpg
僕は以前ワイン雑誌で、この小布施ワイナリーで造られる
「ドメーヌ・ソガ、メルロー」を見てからというもの、このワインを
飲む時をず~~っと憧れていたのです・・・・。

小布施ワイナリーは、長野県北部の、リンゴやブドウの産地で
有名な小布施町のはずれにあります。果物畑や農家が並ぶ
集落の奥の、白い小さな建物のワイナリーです・・・。「ドメーヌ・
ソガ」の看板を見つけて、車を手前の駐車場に停めてから、
僕の心の温度が少し上がります・・・。

f0182173_20184863.jpg
小布施ワイナリーの入口では、このようなカワイイ樽と看板が
飾られていて、お客さんを迎えてくれます。小さなワイナリー
なので、醸造施設と試飲できる直売所のショップが、同じ
「蔵造り」の建物の中にありました。

しかし、ワイナリー見学ツアーは土曜日のみの開催だったので、
僕達はワイナリー内をみることは出来ませんでした・・・・。 
仕方がないですが、かなり残念・・・・。

f0182173_2019595.jpg
これは、入ってすぐの醸造施設です。瓶詰めを待つボトルが
並んでいます。

「ドメーヌ・ソガ」の曽我彰彦さんは、フランス・ブルゴーニュで
ワイン造りの研修を積んできて、日本の常識では考えられない
ようなブドウ栽培と醸造に挑戦されている方です!。原材料の
ブドウを100%自社畑産にする努力をされていて、さらにこの
高温多湿の日本で不可能とされてきた、「ビオ・ロジック」という
化学肥料を使わない有機栽培方法も挑戦されています!そして
醸造は、オーク樽で17か月間の熟成された後、清澄作業なしで
フィルター濾過も行わずに直接ボトルに瓶詰めしています!!
これは大変なリスクなのですが、曽我彰彦さんは最高のワイン
を造るためにリスクをあえて享受されているよう思えます・・・。
夢を努力で叶えようとする、スゴイ人です・・・・。

f0182173_20192220.jpg
奥の方に昔ながらの「蔵造り」の建物で、オシャレ~なショップが
ありました。ここで造っているワインも、このショップ内で、いくつか
テイスティングできるようになってます。僕はこのショップで2種類の
赤ワインをテイスティングさせてもらいました! またひとつ憧れた
瞬間がワインと一緒に自分の心の中に広がり、満ち足りた気分でした・・・。

f0182173_2019409.jpg
そして僕は「ドメーヌ・ソガ、メルロー」2006年を1本買ってかえりましたっ!
またこのボトルは少し落ち着かせてから、「SpringBank」でゆっくりと
味わいたいと思います。後日テイスティングしたら、このブログでレポート
します。よろしくお願いします~。

今年の8月以降に、曽我彰彦さんの集大成である「ビオ・ロジック」で栽培
されたブドウで醸造されたワインがボトリングされる予定らしいです!!
またひとつ、情熱が形になるのです! 僕は、大いに期待しています!



(ドメーヌ・ソガの蘊蓄は、ソムリエールを参考にしました。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-05-14 21:22 | 趣味の部屋

<< 乗鞍、春山スキー 冬から~夏へ、模様替え。 >>