眩しい新緑とお花のシーズン

本日の乗鞍高原は朝に雨が降り、昼間も小雨が降ったり止んだり、スッキリしない曇り空が続いています。昨日の画像で高原内の様子をお伝えします。
f0182173_1492297.jpg
朝9:30一の瀬園地のどじょう池の奥にある牧場柵からの景色です。
この日は帰化植物「ヤマガラシ」の駆除作業に参加しました。その様子を写真に撮ろうと思っていたのに、刈り取りに夢中で忘れてしまいました・・・
f0182173_1493885.jpg
終わって一息、周囲の新緑の美しさにため息が出てきます。
こんな景色を作業のたった6人で独占しているかと思うと、勿体ない気がしてきます。
f0182173_1495422.jpg
「カラマツ」の新芽もすくすく伸びています。ツンと尖がって痛そうなイメージですが、この時期の葉はとても軟らかくて触ると気持ちいいのです。1つ1つが何だかお花みたいに見えます。
f0182173_1410236.jpg
今、乗鞍高原のあちこちで咲き始めているのが「ズミ(コナシ)」です。蕾はこんな風に鮮やかな紅色ですが・・・
f0182173_1436214.jpg
咲くとこのように真っ白な美しい花に大変身します。
この他にも「ズミ」にそっくりな「エゾノコリンゴ」や「ミヤマザクラ」「ウワミズザクラ」など桜の仲間が咲いています。

f0182173_14371820.jpg
一の瀬園地から少し移動して「大曲池」へ行ってみると、「ミツガシワ」が咲いていました。
山の湿原に咲く代表的な植物で、乗鞍高原にある「牛留池」「あざみ池」など殆どの湖沼で見ることが出来ます。
f0182173_14373198.jpg
アップにすると白い★お星様のようで、可愛らしいのです。
f0182173_1439545.jpg
「大曲池」の奥から眺めると乗鞍岳も見えるこんな景色ですが、真冬に行くと・・・・
f0182173_14401896.jpg
他の池と同様に凍ってしまうので、自由に歩いたり滑ったりできます。
この映像は今年の2月にクロスカントリースキーのツアーで通った時のものです。

四季それぞれに楽しませてくれる乗鞍の大自然に感謝の気持ちで駆除作業のお手伝いをさせていただきました。次回は「アラゲハンゴンソウ」の駆除作業があるそうです。
参加してみたい方は、「乗鞍自然保護センター」にお問い合わせ下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-05-22 14:29 | お花

<< ぶら下がるお花たち 乗鞍、春山スキー >>