番所大滝と千間淵

スプリングバンクの少し下にある「番所大滝(ばんどころおおたき)」に行ってみました。
通行不可となっていた「千間淵(せんげんぶち)」の遊歩道が修復を終えて、5月22日に通行可能になったのです。
f0182173_2317968.jpg
駐車場からフェンスに沿って進みます。
案内板の所で二股に分かれます。ちょっと見えにくい画像ですが、滝見台へ行くのは真っすぐの道、千間淵の遊歩道は左に曲がる道です。
f0182173_23172923.jpg
駐車場や遊歩道入口付近では「フデリンドウ」が咲いていました。
f0182173_23183741.jpg
遊歩道を下って行くと、滝見台の手前に「ハナイカダ」が群生していました。
葉の真ん中に花が咲くなんて!と初めて見た時には本当にびっくりしました。
f0182173_23185174.jpg
これから咲くところらしく、一輪だけが開花していました。
f0182173_2319479.jpg
滝見台から眺めた「番所大滝」です。
落差40mの迫力ある滝で水しぶきが飛んできます。
雪融け水を湛えて水量が多いこの季節は特に見ごたえがありますよ。
f0182173_23192816.jpg
先程の二股地点まで登り返し、「千間淵」の方へ行ってみます。
滝のすぐ上にある橋を渡り、反対側に出ます。
この橋のすぐ下流でストンと滝が落ちています。
f0182173_2319412.jpg
「千間淵」の遊歩道は今ちょうど新緑が綺麗で、清らかな川の流れとのコラボレーションに気持ちが安らぎます。
f0182173_2320390.jpg
遊歩道の途中で、突然目の前に「イワカガミ」の群生が現れました。
綺麗なピンク色をしています。
f0182173_23203464.jpg
「コミヤマカタバミ」もハート型の葉と一緒にひっそりと咲いていました。
f0182173_23205888.jpg
遊歩道は昨年の落ち葉がひと冬越えてしっとりした上を歩いて行きます。
階段や橋が整備されているので、運動靴程度で気軽にお散歩できます。
f0182173_23211192.jpg
これが名前になっている「千間淵」です。
f0182173_23212349.jpg
千間淵大橋の手前には「マイヅルソウ」が群生していました。これからどんどん咲きそうです。

このような散策コースは、女将おすすめ「のりくら散策ガイド」というマップでもご紹介しています。欲しい方は乗鞍高原の観光案内所でお配りしていますので、ご利用下さい。
今回のコースは6コース掲載されているうちの、Bコースで所要時間は約1時間ほどです。
是非歩いてみて下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-05-27 23:17 | お花

<< クライミング・オン! ワイン 24 >>