「雪の壁」情報、(&スキー)

昨日、午前中だけで「雪の壁」偵察のミッションを言い渡され、決行してきました。
と、いうことで今日は「雪の壁」の画像を、いろいろお届します。
f0182173_9335933.jpg
位ヶ原山荘までは、いつも通り春山バスに乗って行きます。その後歩いて大雪渓の方まで
行ってみました。除雪の進み具合と「雪の壁」がどうなっているのかを見てみます・・・・。
毎年、大雪渓手前のヘアピンカーブの所が積雪が多くて、一番高い雪の壁ができる
場所になっています。 さあ、冬に雪が少なかった今年はどうか?・・・・。

f0182173_9342753.jpg
ありました~!。 昨日の「雪の壁」の状態です! けっこう高いです。
除雪は現在、大雪渓の駐車場まで進んでいます。大きな除雪用重機が2台フル稼働で
頑張っていました。 (除雪作業の方、いつもありがとうございます!)

f0182173_9344916.jpg
だいたい、低い所でも5mぐらいはあります。除雪したてで壁も出来たてです。
一番高い所は10m弱ぐらいでしょうか?・・・・。画像でも約8m以上はあるのが分かります。
ここまで高いと、かなり圧迫感があります・・・・。

f0182173_935422.jpg
「雪の壁」のヘアピンカーブを曲がって、さらに奥へと歩いて行くと・・・・、
雪の壁のあいだには「槍・穂高」が綺麗に見えてました!。 素晴らしい景色です!!
青い空と白い雪の壁・・・・。コントラストが美しいです!・・・・。

f0182173_9352129.jpg
除雪作業は現在も進行中で、細い道の所ではまだ車が通れないぐらい細いです。
これから、さらに雪を掘り進んで行くのでしょう・・・。
来週末から、春山バスが大雪渓まで運行予定になっていますので、バスが大雪渓まで
行けば、バスに乗ったままでこの雪の壁を見ることが出来るようになります。
(バス運行は直接アピルコにお問い合わせ下さい)
暑さとストレスフルな都会を離れて、たまにはこんな大自然の景色を見に来ませんか?

僕にとっては、両側のこの雪の壁は、スキーで火照った体を優しく冷やしてくれて助かります。

f0182173_9353557.jpg
そして、やはり最後は乗鞍山頂から1本豪快に滑って帰りました!・・・・。
偵察とはいえ、スキーで登ったら、スキーで滑って帰る!でしょう!  (これ常識?!)
山スキーはいつも楽しいです。




おまけ!!
f0182173_10251433.jpg
なんと!、「雪の壁」にまん丸の穴があいていましたーーー!! 
月曜日にスキーに行った僕の友人 Kn さんから貰った画像です。
どうなってこんな穴ができたのか?分かりませんが、 本当に自然って面白いですね~~。
今日のラストを飾ってもらいました!。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-03 09:40 | 山の風景

<< ワイン 26 西穂、ガイドの下見・・・ >>