ワイン 30

このブログのワイン記事も、なんと今回で30回にも!なってしまい
ました~。ここ最近梅雨時期という事もありますが、高原はお客さんが
少なくてヒマすぎて、ワインばっかり飲んで遊んでますので、ブログも
ワイン記事が多くてスイマセン・・・・。

記念すべき30回目のワイン「ブルゴーニュ、ユドロ・バイエ」2006年です。
f0182173_1551438.jpg

フランス、ブルゴーニュ地方のブドウ、ピノ・ノワールで造られたワインです。
このドメーヌ「ユドロ・バイエ」は新鋭機新の造り手で、ここ最近で最も注目
されているドメーヌです!91年にシャンボール村に設立されて、98年からは、
それまでネゴシアンに売却していたワインを自社ラベルでビン詰めし始めます。
そして現在では、シャンボール・ミュジニィ村で「ルーミエ」や「ヴォキエ」たちと
肩を並べるほどの人気になっているのです。

醸造担当は娘婿の「ドミニク・ル・グエン」さん。先代からの「リュットレゾネ」
という減農薬栽培法を継承し実践していて、2004年からは完全に独り立ち
して自分でワインを造っていらっしゃいます。 彼の造る「ユドロ・バイエ」の
特級ワインは、現在かなり入手困難になっているの程なのですっ!!・・・。
(このブルゴーニュはそんなに高くはないッス。ネットでも入手可能です)

f0182173_1553013.jpg
それでは、注目のドメーヌ「ユドロ・バイエ」はどんな感じのワインなのか?!
いざ、テイスティングです!!・・・・・。 開けてスグは、かなり硬い感じがして、
香りもあんまり立ち上がって来ませんでしたが、30~40分ぐらい経つと香りが
激変して、イチゴのニュアンスがよく出てきました! ブドウジュースのような
果実感あふれるカリフォルニアと、複雑なブルゴーニュワインとの中間ぐらい
の香りで、丁度良いです。 味わいは、廉価ワインの「ブルゴーニュ」なので、
ちょっと薄めですが、奥の方に甘さが残り美味しいワインでした。 このワイン
2千円台なので、この価格ならオススメです。



いつもの事ですが、こうなると同じドメーヌの特級畑ワインを試してみたく
なります。このワインを飲みながらの話は、そんな事ばかりでした・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-26 15:47 | お店のご案内

<< 乗鞍岳・登山 夕焼け・乗鞍 >>