ワイン 35

やっと各地で「梅雨明け」宣言がされてきましたが、乗鞍高原も
夏らしくなってきました~!! と言っても、僕たちは夏の忙しい
合間で、またまたワインを飲んでしまいました~~。
(決してサボっているわけではありません・・・。)

今回のワイン
「マゾワイエール・シャンベルタン、カミュ・ペールエフェス」2002年です。
f0182173_10374194.jpg
今回もフランス、ブルゴーニュ地方のジュヴレ・シャンベルタン村のワインで、
その「ジュヴレ・シャンベルタン村」の中の、「マゾワイエール」という特級畑で
造られたワインです。 そう!、今回の「マゾワイエール・シャンベルタン」は、
ブルゴーニュの特級ワインなのですっ!!「シャンベルタン」は、かのフランス
皇帝「ナポレオン」が愛したワインで、遠征には必ず持って行っていたとか・・・。
デュマの物語「三銃士」にも出て来たり、シャンベルタンの逸話は尽きません。

「ドメーヌ・カミュ」は古くからの造り手です。18世紀からすでに存在していた
歴史あるドメーヌで、ジュヴレ・シャンベルタン村では老舗中の老舗の造り手
なのです。 なので、「カミュ」はシャンベルタンの9つの特級畑で、合わせて
最大18hも所有しているのです!! そのためなのか、現在でも出来るだけ
昔ながらの伝統的な栽培のやり方でブドウを栽培し、ワインを造っています。
ワインは、ブドウを100%の除梗の後に醸造されます。昔は30ヶ月の熟成を
していましたが、現在はトロンセ産やアリエ産の新樽で18ヵ月ほどの熟成を
しています。

今回は、この古典的と言われるその神秘的な味わいを感じたいと、K8 が
購入してきたのです。ちょっと興奮&ドキドキで開けましたっ!。
f0182173_10375334.jpg

最近は乗鞍高原も暑くて・・・、と言っても24~25℃ぐらいなんですが、ワインを
飲む温度としてはちょっと高すぎなので、コルクを抜いてからクーラーでちょっと
冷やして飲んでます。このワイン、グラスに注ぐと非常に薄い色をしています。
特級ワインなのに大丈夫か?!と、思うぐらいです。 香りも開けてから1時間
ぐらいはあまり立ち上がってきませんです・・・。  しかし、時間が経つにつれて
非常に柔かいアメリカンチェリー系のフルーツ香と土の香りが複雑に合わさって、
素晴しい香りになって行きました!! やはり、さすがは特級畑のワインです!!
後半は(2時間後ぐらい)非常に複雑で素晴しい香りとなりました~!!幸せの
香りです!

カミュの「マゾワイエール・シャンベルタン」は、なぜかワインジャーナリズムでは
評価が低いので価格も安く、「どうなんだろう~?」と思っていましたが、やはり
老舗のカミュ、そしてシャンベルタン特級畑。 実際に飲んでみると「恐るべし!」
でした!! かなり美味しかったです~! これは非常にオススメですっ!!


これから夏休みシーズンで忙しくなりますが、これを励みに頑張ります・・・・。








そして、今日8月6日は「原爆記念日」。西の空に向かって黙祷です・・・・・・。
f0182173_11593741.jpg
お店の重鎮、しろくまの「タレグレ」くんは、キュッッキュッと鳴きます。
(なぜそんな名前なのか? は、N に聞いて下さい・・・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-08-06 11:23 | お店のご案内

<< 波田名産のスイカ 自転車トレーニング >>