畳平の今

このところ、快晴のいいお天気が続いています。
8月17日にシャトルバスを利用して山頂へ行ってきましたので、その様子をお伝えします。
f0182173_14212970.jpg
畳平の駐車場に到着すると、まずは「大黒岳」へ登ってみました。
振り返ると、畳平を見下ろす眺め、鶴ヶ池が綺麗なブルー色でした。
f0182173_14215858.jpg
南東方向を見ると、山並みが絵に描いたように美しく佇んでいました。
晴れ過ぎて、遠くの富士山は霞んで見えませんでしたが、この絶景に大満足です。
f0182173_14222925.jpg
足元には「ハイマツ」の森が広がり、その縁には高山植物が咲いています。
「イワギキョウ」は今がちょうど見頃のようです。
涼しげな水色がとても綺麗です。
f0182173_1422418.jpg
北側には穂高連峰がドッシリと構えています。
前穂高岳~吊尾根~奥穂高岳~槍ヶ岳と行ってみたい峰々がズラリと姿を見せてくれます。
f0182173_14231972.jpg
「チングルマ」の花はそろそろ終盤、花が終わった株は綿毛のようになって微風に揺れています。
こう見えても、草本ではなくて、バラ科の小低木なんです。
f0182173_14233319.jpg
今、畳平周辺で見頃になっている「ミヤマアキノキリンソウ」は鮮やかな黄色のお花です。別名「コガネギク」と言うそうです。
f0182173_14242650.jpg
「オンタデ」もあちこちで見られます。
名前は「木曽の御岳に多い蓼の仲間」という意味だそうです。
f0182173_14244826.jpg
富士見岳に登ってから、肩の小屋に向かって歩きました。
山頂の剣ヶ峰に登る人々が裸眼でも見えます。大雪渓ではサマースキーを楽しむ姿も。
f0182173_1425349.jpg
帽子の上を何かがかすめたと思ったら、「イワヒバリ」でした。
他にも「ライチョウ」や「ホシガラス」に出会うことがあります。

高山植物や鳥たちに害を与えないように、山歩きをお楽しみ下さい。
夏の象徴である「ハクサンイチゲ」などのお花は終わりましたが、
秋口のお花達が咲き誇っています。
是非、天空の楽園で自然を満喫して下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-08-19 14:27 | 山の風景

<< おそばの花が満開です! 真夏のミーティング! >>