番所大滝の上

スプリングバンクの少し下にある「番所大滝(ばんどころおおたき)」は、乗鞍三滝の一つとして知られています。この落差40mの滝の上部の流れに沿って、歩くこのとできる静かな遊歩道があるのをご存じでしょうか?
何回かこのブログでもご紹介しましたが、最近の様子をご覧下さい。
f0182173_21314667.jpg
滝の駐車場に案内板があります。ここで確認してから進みましょう。
右に進むと、展望台に向かいます。滝を正面から眺めることができ、水しぶきが飛んできて迫力満点です。左に進むと、「千間淵遊歩道」になります。
f0182173_2132186.jpg
「千間淵遊歩道」の急な階段を下って行くと、右側に滝の上部が見えてきます。
滝上展望台は、今まさに滝壺に落ちていく流れを見送る位置にあります。
f0182173_2132947.jpg
少し進むと、夢見橋を渡ります。橋の袂には「クロイチゴ」らしき赤い実がなっていました。
f0182173_21321987.jpg
対岸に渡ると、「ホツツジ」が咲いていました。
山頂方面、位ヶ原付近に咲く「ミヤマホツツジ」の仲間でよく似ています。
f0182173_21323134.jpg
小大野川の清らかな流れを左側に眺めながら、遊歩道は進みます。
f0182173_2132437.jpg
やがて、この遊歩道の名前になった「千間淵(せんげんぶち)」が現れます。
ドームのような型をした淵の奥に可愛らしい小さな滝があります。
遊歩道から少し階段を下りて、眺めることができるようになっています。
f0182173_21325328.jpg
遊歩道から車道に出る直前に、「オヤマボクチ」がありました。
キク科の植物でアザミのお化けのような花が初秋に咲くそうです。
まだ花を見たことが無いので、楽しみにしています。

ひんやりと涼しい滝を眺めたら、「千間淵遊歩道」も歩いてみましょう。
案内版から出口までゆっくり歩いて30分弱です。
お車の方は、県道に出て駐車場まで戻るといいでしょう。
途中のガードレールの所から振り返ると乗鞍岳が綺麗に見えます。
オススメの散歩道です。県道の途中には、真っ白な花が咲くそば畑もありますよ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-08-24 21:52 | 山の風景

<< 上高地の朝 乗鞍コロナ観測所の講習 >>