ウイスキーご紹介

今日は久しぶりに、出来たてホヤホヤの新入荷ウイスキーを
ご紹介したいと思います!

「キルケラン」です~!!
f0182173_10451555.jpg

「キルケラン」は、スプリングバンクの第2蒸留所「グレンガイル」で造られている
シングルモルトウイスキーです。 「グレンガイル」という蒸留所は100年程前に
閉鎖となったウイスキー蒸留所だったのですが、2004年にスプリングバンクが
復活させたのです。 それから5年経ってウイスキーが熟成してきたので、今回
シングルモルトとしてボトリングされたのでした~!! ウイスキーファンとしては、
待ちに待った新しいモルトウイスキーです!そして新たなキャンベルタウンモルト
の復活となりました~~。

f0182173_10452725.jpg
僕個人的なテイスティングした感想では、パウンドケーキのような甘い感じと
ヴァニラ香があり、5年しか熟成していないモルトウイスキーとは思えないような
熟成感。ピリピリした感じは無かったです。10年ぐらい熟成すれば非常に楽しみ
なウイスキーだと思いました・・・・・。

ラベルの真ん中のトレードマークは、ウイスキー蒸留所のある「キャンベルタウン」
の教会です。「キルケラン」という名前は、ここのキャンベルタウンの聖人だったと
思います・・・・・。(珍しく、定かではありません・・・・・・。ご存じの方連絡下さい。)


f0182173_10472210.jpg
そして、僕は2004年のヨーロッパ放浪旅行の時に、このグレンガイルに寄りました!
4月だったのですが、あと一週間後に工場オープンという、なんとも惜しいタイミング。
で、係員の人が一人だけ残っていて、工場の中には入れて頂きましたが、工場内は
覗き見るだけしか出来ませんでした・・・・・。 ポットスチルは、古の「ベン・ウィヴィス」
という閉鎖された蒸留所のものを中古で使っています。これも何かの運命を感じて
しまいますね・・・。とにかく、中には入れませんでしたが、見ることが出来て大満足の
旅行でした~~。


今回、初めてキルケランを飲みましたが、あの旅行でざわざわ見に行った
「グレンガイル」の様子が思い出されます。 感慨深いテイスティングでした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-09-16 11:19 | お店のご案内

<< 南岳ワンデイ 秋の気配 >>