ワイン 40

山の紅葉が進み、木々の葉がワインのように憂愁の赤に
染まって行くこの季節・・・。とか言いながら、何かと理由を
つけてワインを飲みました・・・・・。

今回のワイン、「コート・ロティ、ピエールガイヤール」2000年です。
f0182173_1005987.jpg
「コート・ロティ」は、フランスの中南部のローヌ地方の一地域で
造られるワインです。いつも飲んでいるブルゴーニュの南にある
地域です。 日本ではあまり知られていませんが、ローヌ地方は
フランスではワインの一大産地としてはかなり有名で、超高級な
ワインや、マニアックなワインも造られているところなのです・・・。
「コート・ロティ」とは=「焼けた畑(斜面)」という意味だそうで、この
ローヌ地方の北の端にある一区画です。

造り手は「ピエール・ガイヤール」さんです。 彼はその昔、大手の
有名ワインメーカーである「ギガル」の高級ワイン畑の「テュルク」
という区画で、ブドウを造っていた人なのですっ!!それまでは、
ブドウの栽培農家だったのですが、やはり自分の思うワイン造り
をしたいという事で独立!、85年から自分のガイヤールのラベル
でワインをリリースされました。以来、年を追うごとにワインの質が
上がって行き、99年産ロティの3つの畑名ワインが、評論家からも
異例の90点以上が付いたのです!! 



と、こんな素晴しい人が造っているワイン!、しかもそんなに有名
地域ワインなのに3千円台! なので今回も、かなりの期待を胸に
コルクを抜きました!・・・・・。いざっ、オ~プンですぅ~~。
f0182173_1011448.jpg
このワイン、開けてスグから非常にバランスの良い香りがグラス
いっぱいに広がりますぅ~!! 「コート・ロティ」のブドウ品種は
「シラー」というブドウの種類なのですが、このシラーは濃い色調と
スパイシーな感じが特徴だと言われていますが、そのスパイシー
感が香りによく出ています。 でも、飲んでみるとまろやか~!!、
凝縮された濃いワインなのにピュアな感じです。 熟れたダーク・
チェリーのような果実感もあり、木樽香のヴァニラのような甘さも
感じます!・・・。素晴しいですぅ!! 感動のワインでした。 
最後まであまり変わらず、美味しかったです~。

んん~~っ・・・・・、ガイヤールさん素晴しかったです・・・。
ファンになってしまいそうでした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-09-29 10:07 | お店のご案内

<< セブンイレブンのおにぎり 乗鞍高原・花に捧げるコンサート >>