スプリングバンクの駐車場で・・・

駐車場を歩いていたら、何やら眼に飛び込んできた実がありました。
f0182173_12542834.jpg
初めて見る実です。でも、どこかで見たような・・・・と思いだして調べると、
地元のMちゃんが見晴峠で見つけたよ!と10月に送ってくれた画像の実と同じようでした。
「チョウセンゴミシ」といいます。日が経っているせいか、真っ赤な実は過熟して、
しわくちゃな感じでした。鳥に食べられずに、残っていたんですね。
f0182173_12545590.jpg
これがお花の時期の画像です。
つる性の木なので、他の樹に絡みつくように伸びて、小さな白い花を咲かせます。
この画像も送ってもらったもので、花の実物を見たことがないので、来年こそは!と楽しみになりました。

f0182173_12552127.jpg
さらに駐車場を見まわすと、フワフワの綿毛がたくさんありました。
「ボタンヅル」といい、山に限らず平地でも見られる植物のようです。
これもつる性の植物で、この時期にフワフワの実が絡みついた木々に、まるで何か花が咲いているように見えるので、お客様にも不思議そうによく尋ねられます。
f0182173_12555377.jpg
お花はこんな感じで、夏の終わり頃から秋にかけて咲いています。
とにかくよく伸びて、色んな所に絡んでしまい、秋のお掃除の頃にちょっと困る時もあります。

f0182173_12561825.jpg
小さな薄茶けた実がたくさん付いているのは、何だろう?と思ったら、数の多さと位置関係から、「バイカウツギ」だと分かりました。
f0182173_12565279.jpg
実をアップにしてみると、ちょっと開いた奥の方に種子らしきものが見えますね。
f0182173_12571056.jpg
これが開花の様子です。初夏に真っ白で清楚なイメージの綺麗な花を咲かせていました。
「梅花空木」と書き、梅の花に似ているからこの名がついているようです。

何もない枯れた山に見えても、良く見ると色々発見があって面白いものですね。
写真は撮れませんでしたが、スプリングバンクの周囲では「カケス」と「シジュウカラ」が元気に飛び回っています。葉が落ちて、森林の見通しが良くなった冬こそ、鳥を観察するには絶好の季節かもしれません。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-12-07 13:22 | お花

<< 今シーズン初乗鞍スキー モルトウイスキーご紹介 >>