ワイン 49

全国的にいきなりの強い寒波の到来で大雪になっていますが、
ここ乗鞍高原も、この間の2~3日は素晴しいほどの豪雪です!!
スゴい勢いで降りました~~。 そんな中での雪見酒です・・・。

今回のワイン、ネットで噂の「シャトー・ル・トレオン」1986年です・・・。
f0182173_1053369.jpg
「シャト-」と名前が付くので分かりますが、フランス・ボルドー地方の
ワインです。 ボルドーのワインの産地の中心である「オー・メドック」
という所で造られたワインです。

このワインの何がそんなにネットで噂になっているのかと言うと・・・・・、
このワインの1986年ヴィンテージがボルドーの当たり年で、しかも!
もう23年以上も経っている古酒なのです!!

何故かは分かりませんが、最近になってこの「ル・トレオン」がいろんな
ネットショップに出回っています。1級のワインが20年以上熟成すれば、
素晴しい味わいになるのは分かりますが、当たり年とは言えどこの安い
ブルジョワ級の23年も熟成したワインが、果たして美味しいのかどうか?
それは飲んでみないと分かりません!! ワインは古ければ古いほど
熟成して美味しくなるというのは間違いです・・・。熟成にはピークがあり
その時期を越えると衰退していくのです。 手間暇かけて造られた1級
ワインはかなり長い間熟成しますが・・・、この安ワインはどうなのか??


という事で、他のワインの注文時についでに取り寄せてみました。
f0182173_10531254.jpg
いざっオ~プン!!・・・・ (古いコルクを抜くのは難しいです。)
開けてグラスに注ぐと、今まで飲んできたボルドーの安ワインとは明らかに
違う、何とも言えない香りが広がります・・・。枯れ葉、ドライフルーツ、渋濃い
ウーロン茶、なめし皮?、いろんな複雑な香りがしますが、全体的にはやはり
ピークを過ぎた、枯れたような感じです。 香りはこんな感じで複雑でしたが、
味わいはちょっと苦渋いような感じもあり、フィニッシュ(後味)がスッと切れて
無くなります。 香りの割りに味わいは途切れていました・・・・・。

やはり安ワインで23年モノ、ちょっと衰退していた感はありましたが、これで
2000円以下なので、これはこれで素晴しいのだと思います。この熟成感は
2000円では中々味わえません。間違いなく「買い!」の1本だと思いました。







そして大雪が降る中、家の中でジッとしてられないパウダージャンキーは・・・!、
f0182173_11324132.jpg
やはり、一気に降り積もったパウダースノーを滑るために、ノートラック斜面の
ために!乗鞍高原スキー場の上部・カモシカ斜面へ登って滑って来ました~!!
久しぶりにスゴい豪雪の中の太ももラッセルで、登るのも腰まで埋まってかなり
シンドかったです。滑りも深すぎて、直滑降でもあまりスピードが出ず、ターンが
タイヘンでした・・・・。登りもかなりタイヘンでしたが、滑りもタイヘンでした・・・・・。

週明けには、乗鞍高原スキー場はゲレンデ全面滑走可能となります! 
みなさんのご来場&ご来店!お待ちしていま~す!!


「ラスト・ショット」
f0182173_11325687.jpg
雪に刺しても埋まって使い物にならないスキーポール・・・・・!! 
どれぐらい雪が深かったか?!と言うのがお分かりいただけますでしょうか?・・・・。
後ろの木は、カモシカ斜面の1本杉です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-12-19 11:06 | お店のご案内

<< 冬の上高地 テレマーク >>