冬の上高地

上高地へ行ってきました。ODSSさんと一緒に歩くスノーシューツアーの実地講習です。
今年は雪が少ないのは上高地も同じのようです。
f0182173_13434524.jpg
まずは釜トンネル前です。
冬期閉鎖中ですので、トンネル内のライトは消えています。一人ではあまり歩きたくない
不気味さ・・・・・でも旧釜トンネルを通過した頃を思い出すと、立派なトンネルになって
助かっていると感じます。
今の釜トンネルは登り下り各1車線ずつある上に、両脇に歩道もちゃんとついています。
因みに距離は約1.3kmです。

f0182173_1344427.jpg
トンネルを抜けてしばらく行くと、大正池ホテルの前に到着。今回はここからスノーシューを
履きました。 道路には積雪があまりなく、必要がなかったのです。
中央が講師の「小峰さん」、優しくてとても頼りになるガイドさんです!

f0182173_1344226.jpg
大正池に出ると、穂高を眺めるこの絶景!のはず・・・・・
ここからの景色は、季節を問わず多くの人に愛される素晴しい山岳風景です。
(この画像は2005年3月のものです)
f0182173_13444154.jpg
しかし、今回は一日中雪が降り続く天候で上高地を取り巻く山々は全く見えませんでした。
かろうじて、マガモさん集団が出迎えてくれた感じです。
f0182173_13461731.jpg
大正池からは梓川左岸を歩きながら、お客様をお連れする際の注意箇所、冬季用トイレの
確認、楽しんでもらうポイントなどを解説していただきました。
f0182173_13463089.jpg
しか~し、今年は夏にMTBに乗る回数が激減し、冬に向けた体力作りが全くできていません
でした。足腰達者な現役ガイドさんやガイドのたまごさん達について行くだけで精一杯でした。
河童橋に着く頃には、足が縺れてスノーシューごと転倒するのではないか・・・?という程、
ヘロヘロでした。情けない・・・・・
やはり夏にはゼイゼイ言いつつ、MTBで身体を鍛えることが必要だったようです。

穂高も焼岳も見えない河童橋で昼食をとり、復路もほぼ同じ径路で帰りました。
冬の上高地にはネイチャースキーでしか、入ったことが無かったので、歩く視点で色々
見ることができて大変勉強になりました。小峰さん、ありがとうございました~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-12-20 13:55 | 山の風景

<< ワールド・スノーボード・デイ・乗鞍 ワイン 49 >>