厳冬期のライチョウ

厳冬期の、真っ白な「雷鳥」さんを見たことがありますか?
日曜日に位ヶ原まで山スキーに登ったお客様から、画像を
送っていただきました~!!
f0182173_1426567.jpg
これが厳冬期の雷鳥の姿です。真っ白でとても美しいです。
真っ白でとても美しいのですが、雪に白一色なので冬期は
なかなか見つける事が出来ません。過眼線(かがんせん)と
いう目の周りに帯状の模様があるので、これはオスですね。

f0182173_14271013.jpg
雷鳥は、一年中高山で暮らす留鳥(りゅうちょう)で季節による
渡りや移動をしません。 なので、この雷鳥さんはきっと生粋の
乗鞍っ子に違いありません。(子供じゃないか・・・)

f0182173_14272098.jpg
こちらは、昨年の夏に畳平で撮影されたものです。お母さんと
一緒に可愛らしい雛が写っています。羽根の色が冬とは全く
違っていて、別の鳥かと思ってしまいますよね・・・。


「雷鳥」は生息地が高山帯に限られていて、「特別天然記念物」に
指定されています。ここ乗鞍岳では保護活動が行われているので
数の減少に歯止めがかかっていると言われているそうです!・・・。
厳冬期は雪原に穴を掘って風雪に耐えて過ごします。雪が融けると
ハイマツの下に巣を持ち、雛を育てています。 乗鞍の森林限界を
越えた高山帯には広~いハイマツの海が残っています。 これが
雷鳥の生存にとても大きな役割を担っているのですね~。

乗鞍のこの自然環境を大切にして、いつまでも雷鳥さんに出会う事
のできる地であって欲しいと願っています・・・。山を訪れる方々にも、
決められた道路や散策路から外れない、ゴミを残さない、脅かす
行動をしないなどの配慮をお願いしたいと思います。


(雷鳥の画像提供は、乗鞍ローカルのAK 君です。貴重な画像、
 どうもありがとうございました~!!)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-01-18 14:30 | 山の風景

<< 乗鞍バックカントリースキーツアー 黙祷・・・・・。(1月17日) >>