ワイン 63

今シーズンはかなりの暖冬でポカポカ陽気・・・・、降っても雨ばかりなので、
さすがに乗鞍ローカルの僕たちでもスキー&ボードのテンションがガタ落ち
です・・・・。悲しくなるぐらいです・・・。しか~しっ!、こんな時にスキーに行く
K8 はどうなっているのでしょうか?!?・・・・。彼のモチベーションを盗もうと、
「こんな時はヤケ酒だぁ~!」と、言いながらでの、ワインテイスティングと
いきました~~。

今回のワイン、「エグサゴン、リュックティエンポン」2008年です。
f0182173_10231166.jpg

「エグサゴン」は、フランス「ボルドー」の日常消費用デイリーワインです。
しかし!造り手は「リュック・ティエンポン」という人で、彼はなんと!あの
超超高級ワイン、「シャトー・ル・パン」を所有する名門ティエンポン一族の
1人で、シャトー・ル・パンの共同支配人なのです! そして、第一級ワイン
の「ラフィット」や「ラトゥール」、「マルゴー」などの醸造コンサルタントを務める
カリスマ醸造家「ジャック・ボワスノ」と共同で造られているのです!!

ステンレスタンクで発酵と熟成。ワインはアントル・ドゥ・メール地区で栽培
されたブドウをこの2人がセレクションし、リュック・ティエンポンのセラーで
ブレンドを行います。品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%,メルロー20%。
果実味に溢れた、上品でエレガントなスタイルのワインとして造られている
らしいです・・・・・。

「エグサゴン」とは、英語でヘキサゴンで、六角形という意味です。フランスの
国の形が六角形をしているので、時によってはフランスを意味する言葉として
使われるみたいですね・・・。


一流シャトーである、ヴュー・セルタン、ピュゲイロー、そしてシャトー・ル・パン
などの所有者ティエンポンと、「メドックの守護神」と言われるぐらいのカリスマ
醸造コンサルタントのジャック・ボワスノが造る、千円程のデイリーワイン!!
一体どんな味わいなのかっ!!  いざ、テイスティングですぅ~~・・・・・。
f0182173_10232457.jpg
このワイン、開けてスグからグラスに良い香りがグ~んと広がります!
カベルネ・ソービニョン主体なのですが、カシス系のフルーツ香や草原の
ような青い感じです。酸味はありますが滑らかで、どこも尖った感じが無く、
バランスの良い味と香りです!! これで千円ぐらい!なので、素晴しい
コストパフォーマンスだと感心してしまいました~。僕達「安旨ワイン探検隊」
にも、ピッタリのデイリーワイン、とても美味しかったです。




そして、昨日の朝~午前中に少しだけ重雪が降って、木々を白く染めました・・・。
f0182173_1023423.jpg
例年の乗鞍高原の雪は、軽すぎて木にくっ付かないのですが、今年は本当に
暖かく、ベタベタの重雪になると木にくっ付いて、木々が白く染まります・・・・。
これはこれで、とても綺麗なのですが、スキーヤーにとってはフトモモをヤラれる
雪質となりますので、あまり嬉しくありません・・・。 しかし、今年はそんな贅沢は
言ってられないのです・・・・。雪が降るなら「有り難い!」と、想うようにしています・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-05 10:39 | お店のご案内

<< コルクボード ひな祭り。 >>