乗鞍バックカントリーツアー!

今シーズンはなかなか天候や雪のコンディションが良くなくて、
行けていなかった「乗鞍岳バックカントリーツアー」に、やっと!
行くことが出来ました~!!

今回集まったのは、乗鞍ローカルのMr, K 、AK 君、ボードの
Sb さん、と僕の4人です。今日もみんなの想いは一つ!・・・・、
山頂から滑り、自分のラインを描く事!・・・・。
f0182173_1051630.jpg
快晴の青空の下、乗鞍高原スキー場のトップから、いつも通り
林間ツアーコースをゆっくりと登って行きます・・・。先日の降雪で、
雪質は最高!サラッサラしてました!この歩いている足裏から
伝わる雪質に、テンションが上がって来ます!・・・・。

f0182173_10514140.jpg
森林限界を越えて雪原にでると、ドッカ~~~ンと乗鞍岳主峰・
剣ヶ峰が出てきます。この素晴しい山の景色&眺めに、みんなの
テンションはさらに上がって行きました!!

f0182173_10515379.jpg
北側を向くと、いつも通り「槍・穂高連峰」が、今日もとても綺麗に
見えました~。この穂高連峰の山岳風景には、いつも綺麗で感動
させられます。今回厳冬期に初めて行くAK 君とSb さんも、この
初めて見る冬の乗鞍岳や穂高連峰に感動していました!・・・・。

f0182173_1052978.jpg
本日目指したのは、画像上の尖った岩峰が特徴の「摩利支天岳」の
稜線です。森林限界を越えて、さらに稜線目指して登って行く頃には、
風が強くなってきました・・・・。

f0182173_10523022.jpg
さらに傾斜がキツくなり、あと少しで稜線に到着という頃にはスゴい
強風になり、立っていられないぐらいになって行きました! 強風が
舞いあげる雪に打たれて、顔が痛いです・・・が、それでも自分達の
目標達成のために一歩一歩進んで行きます!。
 
f0182173_10524953.jpg
そして、稜線に到着ですっ!! が、しかし!!・・・、
「ヤッタァ~~、」という歓喜の言葉もでないぐらい強風&吹雪で、
かなり寒くて、我慢できないぐらいになっていましたので、稜線に
雪洞を掘って避難してました・・・。少し掘った雪洞の前で滑る用意
をして、ここからそれぞれが、自分の想い想いのラインを描いて
行きます!・・・。   そしてっ・・・・・


* かくして、本日も、夢は達成されました   。
f0182173_10533632.jpg
まずは、この日一番頑張ってたボードのSb さんのライディングです!
画像の一番上の稜線からの、超ロングライディングですっ! 
乗鞍岳の斜面は広大過ぎて、スピードコントロールやラインコントロール
がタイヘンなのですが、初めての乗鞍にも関わらず、Sb さんは素晴しい
ライディングを見せてくれました!!

f0182173_10531633.jpg
今年、お馴染みになって来ました、乗鞍ローカルのAK 君です。
彼も今季初めての厳冬期の乗鞍岳バックカントリーでしたが、
危なげなく上手いターンで気持ち良さそうなラインを書きながら
滑って来ていました~~。

f0182173_10535377.jpg
今日は流れの中で、僕の滑りがMr,K の前に載せてしまいます・・・。
ウィンドパックしていた斜面に大きなターンで頑張って滑って来ました。

f0182173_1054250.jpg
そして今日は最後に、Mr, K のテレマークライディングです。
今日のみんなの滑りの写真は、彼が撮ってくれたモノが多いので、
肝心の彼の滑り画像が撮ることが出来ず、最後のツアーコースでの
ものになってしまいました・・・・。 
それでも、いつもの豪快さは変わりません!。ありがとうっ!!

f0182173_10541680.jpg
みんなで乗鞍岳の広大な斜面を滑ってトラックを描いた後は・・・・、
いつもの「位ヶ原山荘」にて、「至福のコーヒー」を頂きました~!!
このコーヒーの味わいは、乗鞍岳バックカントリーをスキーで滑った
後に、自分の描いたラインを見上げて、ニヤけながら飲んだ人にしか
分からないでしょう!!・・・・・。パウパウスキー脳内快楽分泌成分の
せいと、位ヶ原山荘のコーヒーの美味しさの相乗効果で、とにかく!
「至福の味わい」なのです!! 

このブログの読者のみなさん、ぜひ乗鞍岳バックカントリーを滑って、
「位ヶ原山荘」で、この「至福のコーヒー」を味わいましょう~。 でも
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-13 10:54 | 山の風景

<< ホワイト・デイ ワイン 65 >>