ワイン 74

今日は、昨日からの冷たい雨が降り続いています・・・、
なので、最近の僕達のライフワークとなっています、
先日テイスティングしたワインを書きます・・・・。

今回のワイン、「シャトー・ラフォン・ロシェ」2004年です。
f0182173_10135180.jpg
このワインは、シャトーと付く名前の通り、フランスはボルドーの、
サンテステフ村のワインです。そして「シャトー、ラフォン・ロシェ」は、
ボルドーの格付け第4級のワインなのです!。

「ラフォン・ロシェ」は、ポンテ・カネを所有するテスロン・ファミリーが、
サン・テステフ村に所有するシャトーです。 この「ラフォン・ロシェ」は、
ポイヤック村の第1級のワインである「シャトー・ラフィットロートシルト」
と小川を挟んで隣り合わせているのに、あまり名声が無く評価も低く
見られていました・・・。 しかし!、1960年からポンテカネの所有者の
「テスロン家」が購入して以来、資金を投入して畑と荒廃したシャトーを
徐々に復活させていきました・・・。それ以降、~90年代と改革の成果が
めざましく、安定して素晴しワインを生み出すようになって、現在は高い
評価を受けるシャトーとなりました。

テスロン家の「ギー・テスロン」さんは、従来のカベルネ・ソーヴィニョンの
比率を抑えて代わりに穏やかなメルローの比率を高めにをブレンドして、
新樽の比率も比較的抑えめ・・・。優しいく柔らかいワインを目指している
みたいです。

このシャトーを訪れると、全面黄色一色のシャトーに、まず驚きます!!
この派手な黄色のワインラベルと同じような黄色です。まるで「ウイーンの
シェーンブルン宮殿のハプスブルクイエローのよう!」だと形容されるぐらい
です!!



なので最近、評論家やメディアの中では評価がとても上がって来ている
「ラフォン・ロシェ」ですが、ボルドーの格付けワインの中では比較的安い
ので、取り寄せてみました~。  いざ、オープンです・・・・
f0182173_1014073.jpg
このワイン、開けてスグからとても良い香りがしてきます。 オーク樽の
ニュアンスのロースト香と、なめし皮のような皮革の香りが特徴あります!
しかしこのワイン、フランス産のワインにしては珍しく、開けてから時間が
経っても香りは変わらずで、ず~~~~っと同じ香りで、最後まで香りは
そのまま変わらずでした・・・・。 味わいは、ボルドー産ワインなのですが
とても軽い感じで、スルスルと飲んでしまいました。

しかし、「シャトー・ラフィット」と「コスデステゥルネル」という2大ワインの畑に
挟まれている、この「ラフォン・ロシェ」は、現在は4千円台ぐらいで買えるので、
かなりオススメです! たまには「カフェ・スプリングバンクで」ボルドーの格付け
ワインなどはいかがでしょうか??
ご来店お待ちしていま~~すっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-28 10:14 | お店のご案内

<< 千間淵の遊歩道が開通しました~ 上高地・開山祭! >>