鳥とお話を・・・

5月のある日、見晴峠へお花を見に行きました。
見晴峠は、乗鞍高原と白骨温泉を結ぶ峠道で、多くの高山植物が咲く静かな登山道です。
峠道と言っても、別に越えて行かなくてはいけない訳ではなく、好きな所まで歩いて行って
戻ってくればいいのです。マスターとK8 がロック・クライミングの練習に行った見晴岩も
この登山道の途中にあります。

f0182173_1138244.jpg
今は、ニリンソウが綺麗に咲いていて、場所によっては歩くのに気を遣うほど咲き乱れています。名付けて「ニリンソウロード」です。

f0182173_11381914.jpg
お花を見に行ったのに、この日は何故か鳥達の姿をよく見かける日でした。
写真でしか見たことのない「オオルリ」の雄、鮮やかな瑠璃色で名に違わず美しい鳥でした。
望遠が無いのが本当に残念・・・

f0182173_11383476.jpg
次に出会ったのは「ゴジュウカラ」、でもこの時は容姿から「コルリ」だ!と思ってしまいました。
一番会いたかった鳥に至近距離で対峙していることに感激して、写真を撮りつつ、話しかけてみました。鳥と本当に話ができたらな・・・って思います。
f0182173_11384640.jpg
あまりにも可愛らしかったので、もう一枚。
帰って野鳥の本を見て「コルリ」ではないと判明しても、嬉しいものでした。

f0182173_11385651.jpg
これは遠くて綺麗に撮れませんでしたが、「ヒガラ」と言い、スプリングバンク周辺でもよく見かける「シジュウカラ」の仲間です。

f0182173_12125111.jpg
これはキツツキの仲間で「コゲラ」、白樺の幹に貼りつくようにしていました。

f0182173_11391017.jpg
登山道は、昔植林されたカラマツの林が広がり、その林床に広葉樹や草花が植生している所。
カラマツは、画像のような新緑の頃から紅葉のフィナーレとして黄金色に染まる頃までたっぷり楽しませてくれます。だからこの道はどの時期に歩いても、とてもいい感じ。
観光センター前の駐車場に車を停めて、ちょっと歩きに行く・・・・なんていうのもお薦めです!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-02 12:01 | 山の風景

<< ワイン 79 初夏のミーティング・・・・ >>