北穂高登頂・・・・

昨日のつづきです・・・・、

朝4時に涸沢のテント内で起きて、山頂へ登る準備をして
いきます。すると・・・・!!
f0182173_1134929.jpg
4:30頃から、穂高連峰が朝焼けでピンク色に染まって行き
ましたぁ~!! 朝日が当たると、涸沢から見える穂高連峰の
山々が一気にモルゲンロートに色付きます! 素晴しい朝焼け
の眺めでした~!!

f0182173_1135693.jpg
涸沢岳のアップです。朝焼けのピンク色は、また何とも言えない
神秘的な色です。 約10分ぐらいの「朝焼けショー」でした・・・・。

f0182173_114345.jpg
そして、昨日の疲れが残っていて、N が登頂断念しましたので、
僕だけで北穂高岳へとアタックしたいと思います。目指す北穂高岳は
ちょうど画像のピンク色に染まっている部分が山頂(北峰)です!!
登るのは真ん中から右に落ちている雪渓を登って行きます!
それでは、アタック開始ですぅ~・・・・。

f0182173_114164.jpg
斜度45°ぐらいもある雪渓は夜に冷えて意外と固く締まっていたので、
アイゼンにピッケルのフル装備を駆使して、凍った斜面を登って行き
ました・・・。画像はもう稜線まであとわずかのところです。ここまででも
かなり苦労しました・・・・。

f0182173_1143419.jpg
そして、無事に「北穂高岳(北峰)」に登頂成功ですぅ~!! 
今日もヤリました~!!・・・。 山頂からの素晴しい景色が、
ここまでの苦労も一気に吹き飛ばしてくれますね。

その日の感動の景色を、このブログにて皆さんに送ります。
f0182173_1144930.jpg
北穂高岳から見る「槍ヶ岳~南岳の稜線」です。(北向き)
f0182173_115138.jpg
北穂高岳から見る左から「前穂高岳~吊尾根~奥穂高岳」です。(南向き)
右手前の岩山は、北穂高岳の南峰です。(南峰は今回は行きませんでした)

f0182173_1153953.jpg
北穂高の山小屋にて、少しだけ休憩をさせて頂きました。涸沢から
北穂高岳の山頂までは、1時間20分程でした。全力で一気に登った
ので、かなりシンドかったんです・・・・。

f0182173_1162354.jpg
帰りも、登って来た雪渓を、足で滑る技「グリセード」を使って一気に
涸沢まで滑って帰りました・・・・。画像の奥に点のように見えるのが、
涸沢ヒュッテと僕たちのテントです。

今回はスキーじゃないのが残念です・・・。 この画像の斜面を見れば
分かりますが、スキーヤーにとっては、魅惑的な感じの斜面です!!
涸沢~穂高はまだまだ雪がい~っぱいあります!あと数週間ぐらい
は滑れると思いますので、また機会があれば、スキーを持って来たい
な~と思いました。

f0182173_1164417.jpg
北穂高岳登頂後に、テントに帰ってからこんな感じで朝ゴハンを作って
食べました~。朝ご飯は、お湯を注ぐと出来あがり~と言うアルファ米の
「五目御飯」と味噌汁です。 あと、オカズに「SPAM」というソーセージの
ような缶入りお肉を食べました・・・・。 これは、知る人ぞ知る、「岳」の中で
ディーがまだ持っている「クライマーの証」! らしいです・・・。

f0182173_1165377.jpg
そして下山です・・・。いつも涸沢から帰る時は、この山岳風景が名残惜しく
なってしまいます。 また来よう!と思いながら涸沢を後にしました。昨日と
同じ道を横尾~徳澤~明神と歩いて帰って行きました・・・。この道の帰りは、
疲れているのでとても長く感じます・・・。

f0182173_117219.jpg
今回も無事に上高地まで帰って来ました~。少し雲が出てきましたが、
2日とも終日晴れて素晴しいコンディションの中、涸沢にテントで泊り、
北穂高岳登頂も出来ました。


次回は、夏になってボスのTさんが乗鞍入りしますので、彼と一緒の登山と
なると思います。僕は彼について行けるように気合いを入れなおして、夏を
迎えなければなりません・・・。ボスのTさん、お手柔らかに宜しくお願いしま~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-12 11:38 | 趣味の部屋

<< 懸賞、当選~!! 涸沢へ・・・・、 >>