しっとり~ジメジメ

乾燥していることが売りの乗鞍高原。梅雨の時期でも、しっとりという程度のはずですが・・・
ここ数日の湿気は何事か・・・と思うほど、じっとりしています。さぞかし下界は苦しかろう・・・・と気に病む日々です。
f0182173_2013213.jpg
雨上がりにお散歩していたら、「ホオノキ」の大きな葉の上に雨粒がコロコロと乗っていました。ガラス玉のようにキラキラ輝いて綺麗です。

f0182173_203571.jpgf0182173_2031941.jpg







「ギンリョウソウ」は半透明のその姿から「ユウレイタケ」という別名があるそうです。ジメっとしたこの時期に毎年現れます。キノコたちもすくすく伸びてきます。怖いので決して食べません。

f0182173_20111654.jpgf0182173_20113336.jpg







「ノイバラ」が咲き始めました。花数が多い木なので、こんもりと白く咲いた全体像も美しいですし、一つ一つの花をアップで見ても綺麗です。乗鞍高原の夏に欠かせないお花の一つです。

f0182173_2015485.jpgf0182173_20152240.jpg







「ササユリ」の蕾が目立つようになってきました。まだ黄緑色のものから、ピンクに色付いているものまで、個体によって様々です。

f0182173_2017324.jpgf0182173_20172086.jpg







開きかけの花も、ちょうど咲いたばかりの花もありました。
毎年楽しみにしている美しいユリです。
花色の濃いもの、薄いもの、それぞれの美しさを感じます。

f0182173_20195221.jpg
最後に先週の貴重な晴れ間に撮影した画像です。
標高1600mにある牛留池に映る残雪の乗鞍岳・・・一年で一番美しい姿かもしれません。
池の水面がピタッと止まった無風の日にしか見られません。
牛留池では「ルリイトトンボ」や「カオジロトンボ」が元気に飛び回り、姿を見せない「モリアオガエル」がゲコゲコ鳴いています。

鬱陶しいはずの梅雨にこんな景色を眺めることのできる有り難さ・・・ヒシヒシ感じます。
街の湿気と喧騒から脱出して、こんな高原で過ごしてみませんか?
たくさんの方のお越しをお待ちしていま~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-29 00:10 | お花

<< 自転車で乗鞍岳を走る~! ワイン 84 >>