夏の花がいろいろで~す!

連休にタイミングを合わせるように梅雨が明けて、夏本番の乗鞍高原です。3連休中は、
毎時出る山頂行きのシャトルバスも何台も必要になるほどの人出!、乗りきれない方々
への整理券発行もされていたとか・・・まるで上高地みたいです。
観光センターでバス便を待つ方は、周辺をお散歩されて時間を潰すのも良いかもしれません。
5~6月よりも花の数は減りますが、濃い緑の木々と夏特有の花たちが迎えてくれます。

f0182173_11553060.jpg
この時期に咲くお花の中で一押しで可愛いのが「オカトラノオ」です。
漢字で書くと「岡虎之尾」と、ちょっと厳ついイメージですが、現物はとっても優雅で
素敵なお花です。白い小花が密集して動物の尾みたいに伸びているのです。描く曲線は、
個体によって様々なところがまたいいんですよ~。

f0182173_11571279.jpgf0182173_11573846.jpg

「キバナノヤマオダマキ」はクリーム色の優しい雰囲気、ちょっと変わった形が面白いですよ。
まさに夏の花!という感じの「マルバダケブキ」はキク科の鮮やかなお花です。鬱蒼と茂った
森の中でも目立っています。

f0182173_11593092.jpg
フワフワとしたお花のかたまりを見つけたら、きっとそれは「カラマツソウ」です。
よく見ると細い花糸がた~くさんあるんですよ。

f0182173_11595072.jpgf0182173_1201766.jpg

「イケマ」はガガイモ科の植物、球状にお花を咲かせます。
もう「サナギイチゴ」の実がなっていました。きっと熊さんも好き・・・?

f0182173_120417.jpg
湯けむり館の裏手に「シナノキ」があり、今ちょうど花盛りです。
昔はこの樹皮から良質の繊維を採って、布や縄を作っていたようです。
これが「しな布」と呼ばれ、「信濃」という名称につながったという説があるそうです。
現在の乗鞍高原には数は少ないようですが、「シナノキ」があります。

f0182173_1240561.jpg
昨日の夕焼けは、夏のモクモクとした雲を鮮やかに彩っていました。
猛暑日が続く灼熱の下界から、涼しく爽やかな高原に遊びにきて下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-07-21 11:57 | お花

<< ワイン 88 モルトウイスキーご紹介。 >>