ワイン 91

今日は、お盆前に飲んだワインのご紹介をします。

今回のワイン、「ブルゴーニュ、アルヌー・ラショー」2007年です。
f0182173_9182023.jpg
いつも通り、フランスはブルゴーニュ地方名の、ピノ・ノワール種のワインです。

造り手は、ヴォーヌロマネ村の名手ドメーヌアルヌーの「パスカル・ラショー」さんです。
ドメーヌ・アルヌーの事はここをクリックして下さい。パスカル・ラショーさんは、この
ドメーヌ・アルヌーの娘婿さんで長年ワインを造って来て、1995年に前当主が亡くなり、
それから~現在の当主を務めていらっしゃいます。 アルヌー・ラショーと言う造り手は、
彼が造るネゴシアンもののワインを自分のラベルでリリースするワインなのです!

ブドウは100%除梗され、長めの浸漬(マセレーション)により凝縮したエキスを抽出。
色調はピノ・ノワールにしてはとても濃く、たっぷりとした果実感は他を圧倒しますね!
またパスカル・ラショーを語る上で最も重要なことは、ピノ・ファンを使用していること。
ブドウが小粒なため、育てが非常に難しく、今ではほとんど栽培されていませんが、
上手く造れば非常に良いワインが出来るピノ・ノワールの品種です。パスカル・ラショー
さんは、ドメーヌ・アルヌーのワインと同じようにピノ・ファンにこだわってワインを
造っていらっしゃいます。

と、ドメーヌ・アルヌーのワインは僕たちも大ファンなのですが、このラショーさんの
ラベルのワインはどうなのか気になっていましたので、今回テイスティングです~!
f0182173_9183489.jpg
このワイン、開けてスグは非常に堅く、森のような感じの複雑な香りです。
しかし、ちょっと時間が経つと、香りはダークチェリーぽい感じのフルーティーに変化
して行きます。味わいもとても滑らかでイイ感じです。少し後味に酸味が残りますが、
それも気にならない程度です。 パスカル・ラショーさんの造るワインは、アルヌーで
あっても、このアルヌーラショーであっっても、どれも美味しいです!

これで2千円ぐらい。安旨ワイン探検隊としては、とぉ~ってもオススメワインです!





エキストラ・ショットぉ~!!
f0182173_11202154.jpg
「雲海に浮かぶ朝日を眺める雷鳥!」 
乗鞍ローカル特派員であるMm ちゃんの力作です・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-08-08 09:20 | お店のご案内

<< かもしかの径 涼を求めて、ゲレンデから三本滝へ >>