エヴェレスト単独無酸素

このブログの読者のみなさんは、27歳の若者登山家の一人が
世界最高峰「エヴェレスト」に「単独・無酸素」で挑戦しているのを
ご存じでしたでしょうか??・・・・。


「エヴェレスト・単独無酸素」にこだわって挑戦していらっしゃる若者
登山家「栗城史多」さんが、今年もこの9月下旬から~10月初旬に
アタックされる予定でしたが、天候不良や、立っていられない程の
強風と雪崩の連続により時間がなくなり、登頂を断念されたみたい
です・・・・。とても残念ですが・・・・・、、、
f0182173_9315943.jpg
登山家でありスキーヤーである「栗城史多」さんは、去年の9月から
エヴェレストへ「単独・無酸素」での登頂に挑戦されている方なのです!
日本人ではまだ誰も成し得ていない「単独・無酸素」での登頂!・・・・。
壮大で過酷すぎる挑戦ですが、彼はヤってくれそう
な気がしてなりません!・・・・。(雑誌を写したので荒い画像でスイマセン)


ここまで栗城史多さんは、マッキンリーを始めにすでに6大陸最高峰に
単独無酸素で登頂していて、他にヒマラヤでは、ダウラギリ(8167m)、
マナスル(8163m)、チョ・オユ(8201m)に登って来られています!!
そして「マナスル」では8000mの山頂からのスキー滑降も成功されて
いるのです!!僕はスキーヤーのはしくれなので、彼のこのスキーヤー
というこわだりの部分に、惹かれまくっています!!・・・・。

今年も「エヴェレスト単独無酸素」は成りませんでしたが、山では生きて
帰る事が登頂よりも大切だと僕は思っていますので、また来年挑戦して
もらいたいと思います!!
「栗城史多」さんのオフィシャルサイトはコチラ→ 「Kurikiyama」



f0182173_932879.jpg
このスプリングバンクの重役役員一同も、珍しくみんな一致団結して
応援してました・・・、

が、しかし、、、このスプリングバンクの役員の応援をもってしても、彼を
エヴェレストの山頂に立たせてあげることができなかったのか!?・・・・、
という事で反省会らしいです・・・。 前回の役員会議で新規採用された
「ひこにゃん」の兜のツノが画像に加わっていますね。 しかしまだ彼は
「山」というモノを理解していないので、今回のエヴェレスト単独無酸素が
いかにスゴい事なのか!を、お父さんから教えて貰っていました・・・・。


たしかに、登頂出来なかったのは、とても残念です・・・・、が、しかし
僕は、今回も彼に勇気とモチヴェーションを貰った気がしています!!
僕も、これからも夢に向かって挑戦して行きたいと思います!!
(スプリングバンク、店長および役員の個人的な嗜好でした・・・・)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-10-04 09:36 | 趣味の部屋

<< ワイン 96 乗鞍高原内の紅葉情報 >>