ワイン 97

やっと乗鞍の紅葉も素晴しい色合いになってきましたが、
その紅葉に対抗しようとしているK8 と一緒に、赤!ワインを
またまた飲んでしまいました・・・・。

今回のワイン「ブルゴーニュ、クロード・デュガ」2007年です。
f0182173_22204589.jpg
このワインはいつも通り、ブルゴーニュ地方の、ピノ・ノワールの
ワインです。

今回の造り手は、ジュヴレ・シャンベルタンの名手「クロード・デュガ」
さんです・・・・。ジュヴレ・シャンベルタン村に君臨する「デュガ家」は、
事実上トップドメーヌの中のひとりです!! クロード・デュガさんは
デュガ家の5代目の当主で、現在もできるだけ自然な農法でブドウを
栽培~醸造されています。 そして、このブルゴーニュ・クラスでさえ、
ワインはジュヴレ・シャンベルタン村の特級や1級の畑などから造られ
ているのです!!・・・。

化学肥料は使わずにブドウを完熟させ、収穫された葡萄はコンクリート
タンクに運ばれて発酵が行われます。そして、その後に木樽の中での
マロラクティック醗酵が行われるらしいです。瓶詰めの際にはフィルター
の処理も行われません。なのでワインは非常に複雑らしいです。



世界一のワインの評論の専門家である「ロバート・パーカー」さんは、
ブルゴーニュのワインにめったに100点を付けないのですが、この
「クロード・デュガ」さんの96年の特級のワインに100点を付けたので、
ワイン界に衝撃が走ったほどだったと言われています!

その片鱗が、僕たちにこのブルゴーニュクラスで感じられるのかっ?? 
いざオ~プンです・・・・。
f0182173_22205398.jpg

このワインは、開けてスグからとても複雑な感じの香りがグラスいっぱい
に広がります!! 樽香はあまり感じられませんが、何とも言えない様な
香りで、とても複雑な感じです!!今までに無いような、いろんな香りが
混じり合ったような感じです・・・。味わいは、果実感はあまり無く、酸味が
ちょっと過多気味に感じられました・・・・。時間が経ってもこの酸味は最後
まで残っていました・・・・。

このワインの評価は、ちょっと僕たちの能力を越えているような気が
しちゃいました・・・。どうなんでしょう??・・・・、とても美味しかったの
ですが、果実感があまり無い複雑なワインでした・・・・。



次回の「ワイン」ブログは、この「クロード・デュガ」さんのご兄弟である
ドメーヌ、「デュガ・ピイ」のブルゴーニュになります!! 兄弟で造る
ワインがどう違うのか?!、テイスティングしたいと思っていますので、
宜しくお願いします・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-10-07 22:45 | お店のご案内

<< 剱岳・初挑戦 ① 乗鞍岳の紅葉情報 ② >>