ワイン 101

このブログのワイン記事も100回を越えまして、また新たな区切りを
スタートします・・・。そんな意気込みを胸に、秋も深まった寒い夜に
飲んだワインです・・・・。

今回のワイン「シャンボールミュジニィ、ドメーヌ・ポンソ」2007年です。
f0182173_9265939.jpg

このワインは、ブルゴーニュ地方の「シャンボール・ミュジニィ」村で
造られるワインです。

造り手は、「ドメーヌ・ポンソ」です。 ポンソはブルゴーニュの老舗で
モレ・サン・ドニ村随一の生産者です。毎年目の覚めるようなワインを
造りだしている最高のドメーヌの一人です!

現在の当主のローラン・ポンソさんは出来るだけ自然な形でワインを
造る造り手で、畑を毎日見て回って最高のブドウを造る所からワイン
造りは始まるらしいです・・・。 その言葉通り、丁寧に剪定して収量を
厳しく限定し、一つの樹に5~6房のブドウしか実らせずブドウエキスを
濃縮します。そしてそのブドウジュースを昔ながらの桶に人が入って
足踏みする手法で優しく絞ってワインにします!! 機械で絞るよりも
時間が掛けられて柔らかく絞れるらしいです!・・・。マセレーションも
あまり無く、酸化防止剤も殆んど使いません!! そして、近年では
珍しく高級ワインにも新樽を一切使用しない造り手なのです! その
土地の個性(テロワールという)を最大限ワインに反映させた味わいを
引き出すという、現在ではなかなか出来ない事をこだわっているドメーヌ
なのですっ!! 


昔ながらの造り方でワインを造って、専門家からも一目置かれるような
最高の造り手が生産している、シャンボールミュジニィ村の村名ワイン!
これも一体どんな味わいなのか?!、いざっ、オ~プンです~~・・・・。
f0182173_927944.jpg
このワイン、開けてスグはとても固い感じで、香りも閉じこもっているよう
でしたが、時間が経つにつれて、とても柔らかくなって行きました~。
やはり2007年はまだ飲むには、ちょっと早すぎる気がしますね・・・・。
(僕たちは待ちきれませんでした・・・。) 時間が経つにつれて、チェリーの
果実感、お寺や森林浴のような複雑さと程良い酸味のコラボレーションが
バランスよく広がります!! どこかが突出してくるわけでもなく、非常に
心地よい感じのワインで、とても美味しかったですぅ~!! 確かに樽の
風味は殆んどなくて、飲む前は「どうなんだ??」と思っていましたが、
ぜんぜん美味しくて、ちょっと驚きでした。こんなブルゴーニュワインも
アリなんだな~・・・、と思いました。


「ドメーヌ・ポンソ」のワインも、できればいつか特級のキュヴェを飲んで
みたいと強く思うのでした・・・・。

たまには「Cafe' & Bar スプリングバンク」で、こんな由緒あるお酒でも
いかがですか~? ご来店お待ちしていま~~す!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-05 09:27 | お店のご案内

<< 乗鞍でクライミング・・・。 白峰とカラマツの黄葉 >>