ワイン 104

なかなか雪が降って積もらない今年の秋の乗鞍高原・・・・。
雪が待ち遠しくていつもソワソワしてしまう夜ですが、昨日の
夜は青白い月明かりがとても明るい月夜で、まるで海の底に
いるような神秘的な夜でした・・・・。

そんな月夜に飲んだワイン、「ブルゴーニュ、アンヌ・グロ」2008年です。
f0182173_1026227.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方のピノ・ノワール種で
造られるワインです。

造り手は「アンヌ・グロ」という女性です。彼女はブルゴーニュ・地方
ワインの中心地である、ヴォーヌロマネ村の一大ワイン醸造家の
グロ家の一人で、1995年から父の「フランソワ」さんからドメーヌを
引き継ぎました。それからは伝統を重んじる一方で革新的な技術を
使い、ブルゴーニュでは珍しい女性の醸造家ということもあり、一躍
有名になっていきました!

ブドウ畑に出て、栽培から自分で行っています。農薬などは最小に
抑えるようにしているらしいです。 (ビオディナミ農法などの特殊な
農法には否定的な所が僕は好きです・・・)赤ワインの発酵はセメント
発酵槽を使い、期間は12~15日間程・・・。14~16ヶ月の樽熟成が
行なわれた後、瓶詰め前にステンレスの大桶に戻されてブレンドの
後にボトリングされます。 新樽使用比率は、ワインのクラスごとに
30~80%らしいです。


うわさのアンヌ・グロさんのワインは、一度は飲んでみたいと思って
いましたが、人気があって、なかなか手に入らなかったのです。今回
この「ブルゴーニュ」もスグに完売でしたが、何とか今回は手に入りま
した~!! さぁ、いざ、テイスティングですっ!
f0182173_10263130.jpg
開けてグラスに注ぐと、色も香りもとても薄いです・・・・。が、しかし!、
しばらくすると・・・・、グラスの中から素晴しい香りが、むせ返る程に
これでもかっというぐらいに立ち上がって来ました~!! ウットリ
するような果実感でイチゴ~ラズベリー系です。 そして土のような、
森林浴のような複雑さ! 酸味とのバランスも非常に良く、と~っても
美味しいワインでした! 時間が経つにつれて、どんどんバランス良く
なっていくようでした・・・。 ちょっと薄い&軽い感じですが、とても良い
香りで、このブルゴーニュクラスなら素晴しい出来栄えだと思います!
とても美味しい安旨ワインでした!! 


このワイン、「安旨ワイン探検隊」としては、珍しくかなりのレベルで
オススメです!!見つけたら即買いしてくださいっ!! というぐらい
に美味しかったです。 また、違うヴィンテージなら僕たちにも情報を
下さい。宜しくお願いします!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-22 10:30 | お店のご案内

<< 大樋銀山の歴史探索ツアー・・・ 初冬のミーティング・・・・ >>