ワイン 109

12月に入っても、スキー場がオープンしても、まだ暖かい日が続いています・・・。
そんな溜め息しかでない夜は、ワインでも飲んで楽しく行こう!と言いながら、
またまたK8 と安旨ワインのテイスティングです・・・・。

今回のワイン「メルキュレイ、クロ・デ・ミグラン、フェヴレィ」2007年です。
f0182173_10325666.jpg

このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の南側にある、メルキュレイ地区
のワインです。

造り手は、ブルゴーニュの大手ネゴシアンでもあるドメーヌ、「フェヴレイ」
です。 ブルゴーニュ地方最大のブドウ畑を所有するフェヴレイ社。総面積
125ヘクタール以上もの畑を、ブルゴーニュのあらゆる地域に所有している
優秀なネゴシアンです! 老舗の「フェヴレイ」の創業は1825年!! 何と
200年近くもの間ワインの専門家として商売をしているのです!1930年代
には、ジョルジュ・フェヴレイが友人とブルゴーニュで初めて「利き酒騎士団」
を結成します!! これはブルゴーニュ・ワインの販売促進のようなもので、
今日でも重要な役割として引き継がれています。2005年にはフランソワの
息子の「エルワン」さんが現在のドメーヌの当主になって、大手ネゴシアンの
利点を生かしてコストパフォーマンスの非常に高いワインを造りだしています。

このメルキュレイ地区では「フェヴレイ」社が70%もの畑を所有していて、この
1級畑「クロ・デ・ミグラン」は何と!「フェヴレイ」社の単独所有(モノポール)
になっているのです! 自社単独所有畑であれば、ブドウ栽培の全てを自社で
管理出来るので、ワインの出来栄えもおのずと良くなります!


ブルゴーニュ1級畑の「クロ・デ・ミグラン」は、モノポールの畑のワインなのに、
「フェヴレイ」社が造っているので3千円!、素晴しいコストパフォーマンスです。
これを僕達「安旨ワイン探検隊」が見逃すハズはありません! いざ、オ~プン!
f0182173_1033419.jpg
このワイン、開けてスグはちょっと固い感じがしていましたが、しばらくすると
とても柔らかい香りが広がっていきました。ラズベリー系の優しい香りに土の
ような複雑さが絡まっていて、肩のチカラが抜ける感じの柔らかく良い香りです。
味わいもちょっと酸味がありますが、全体的には柔かくてバランスの取れている
感じがして美味しいです!時間が経つにつれて、いっそうバランスが整っていく
ようで、最後の1杯はとても美味しかったです~!! これで3千円!、とても
良くできたワインです。


今年もあと3週間とちょっとになってしまいました・・・。今年の最後を締めくくる
ワインは何にしようかな~?とか話ていました・・・。本当に1年は早いですね・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-12-14 10:59 | お店のご案内

<< 冬の森指導者講習会 クライミング・オンっ! >>