ワイン 125

今回のワインは「安旨ワイン探検隊」ではありません。このブログが始まった
中でも一番値段の高い、超高級ワインなのです!3月末のK8 のバースデイに
開けました~!!

今回のワイン「ボンヌ・マール、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ」2000年です!
f0182173_22524643.jpg
このワインは、ブルゴーニュ地方のミュジニィ村の特級畑である
「ボンヌ・マール」のワインです。

造り手が超スゴいのですが、「コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ」さんです!
もう何から書けばよいのか分かりませんが、ブルゴーニュでロマネ・コンティや
ルロワの他に有名なドメーヌは?と言えば、真っ先にこの「ヴォギュエ」さんの
名前が上がってくる程です! 現在のブルゴーニュでも5本の指に入るドメーヌ
でしょうっ!!  歴史も古くて、記録に「ヴォギュエ」さんの名が現れるのは
1700年代の半ばだとか。現在の所有者は、ジョルジュのひとり娘エリザベート・
ラドゥセットさんです。ドメーヌを継ぐと同時にスタッフも刷新し現在の醸造長
である「フランソワ・ミエ」さんを中心の醸造チームに替えました。

ブドウ畑は全てシャンボール・ミュジニィ村にある自社畑のものが使われます!
基本的に化学肥料や農薬の類は用いず、こまめな手入れをして最適な房の量に
調節。全て手摘みで収穫されたブドウは除梗され、昔ながらの木製の発酵槽で
アルコール発酵されます。熟成の新樽の割合は低く、多くて5割程らしいです。
畑ごとのブドウの味の違い「テロワール」を表現する事を、モットーとされて
いるのです!!



そして今回のワインは「ボンヌ・マール」という極小の特級畑のワインですっ!
シャンボールミュジニィ村の頂点に立つ「コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ」
の特級ワイン。長い間僕たちの憧れだったワイン!!。 今回は夢の扉を開けて
しまいましたぁ~!! オ~~~~~プ~~ン~~~~~です~~~~~~!!
f0182173_22525542.jpg
長い間憧れであり、夢であったワインのコルクを抜いてしまい、夢の扉が
開かれてしまいましたー! 開けてスグは、とても堅い感じがして香りがあまり
立ち上がって来ません・・・・。超高級ワインなので開けてスグからむせ返るような
のを期待していたのですが、最初はとても大人しい感じです。香りは完熟プラム
のような黒フルーツ系の果実感があり、森林浴のような爽やかな複雑さがあり、
とっても上品なニュアンスです。 香りが開いてないように感じたので、時間を
かけて、ゆ~~~~~っくりと飲んで行きましたが、2時間ほどが過ぎた所から、
一気に香りが変わっていき、絶妙なバランスで幸せの香りが立って行きました!
最初は、「期待はずれか?!・・・」と思っていましたが、最後には素晴しい高級
ワインの風格が現れました~!! 


これで、またひとつ僕たちもワインの階段を登ることができました・・・・。
いやぁ~、ワインって、まさに人の人生のようで、素晴しいです・・・・。
そしてK8 のバースデイが、また過ぎて行くのでした・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-03-29 09:51 | お店のご案内

<< 乗鞍サイドカントリーツアー モンベルの新カタログ >>