カナダ・ウィスラーツアー,(滑走編②)

滑走編その②は、ダブルブラックダイアモンドのコースばかり集めた
超スティープ急斜面編!」として、お届けしたいと思いますっ!!
それでは「超スティープ急斜面編」、スタートですっ!!

①「Whistler Bowl」(ウィスラーボウル)
f0182173_1326435.jpg
ウィスラーマウンテン側のピークチェアに乗って、リフトを下りたら
右に回り込んだ所にゲートがあります。その先は、オレンジの看板で
「CLIFF」となっていて、いきなり雪庇からドロップインでスタート
の、素晴しいコースです!!
f0182173_13261416.jpg
やはりまずは、ボスのTさんの、果敢な滑りからです!!
このコースはスグにボコボコになる上に、上部は40°ほどの急斜面!!
それでもボスのTさんのスキーはフォールラインに落ちて行きますっ!!
f0182173_13264035.jpg
Mm ちゃんの滑りです。テレマークスキーなのにテレターンが
できないぐらいの急斜面なので、アルペンターンになってしまってます。


②「Couloir Extreme」(クーロアールエキストリーム)
f0182173_13261845.jpg
ブラッコム側の、ほぼ中心にあるジャージークリームボウルの
超急斜面です。出だしが狭いうえに約50°以上の急斜面で、素晴しく
シビれるコースですっ!! 雪崩のデブリやサイン無しのクリフあり!
と言うサインがっ!!・・・・。
f0182173_13262491.jpg
ドロップイン前のMr, K です。この画像で、ここがどれだけの斜度か
少しは伝わりますでしょうか?・・・・。
f0182173_13262858.jpg
滑りの画像はMm ちゃんです。エキスパートコースにも関わらず、
メチャメチャスピードに乗せて、一気に落ちていきました~!!


③「Spanky's Ladder」(スパンキーズラダー)
f0182173_1326331.jpg
ブラッコム側の、名物ダブルブラックダイアモンドコースです!!
グレイシャーエクスプレスのリフトを降りて、エントリーゲートまで少し
歩いて登ります・・・。その岩稜の向こう側の壁を、ブラッコムグレイシャー
まで一気に滑り落ちるコースです。
f0182173_1326377.jpg
ダブルブラックダイアモンドコースのエントリーゲートには、必ずこのような
注意書きのサインがあります。これは、この先へと進んでしまったら、どんなに
嘆いても帰ってこれない事を意味します!岩稜のピークからどんな斜面でも滑れる
本当のエキスパートだけに用意されたアルパインステージなのです!!
f0182173_13264466.jpg
Mm ちゃんの、スパンキーズラダーから~ダイアモンドボウルコースの
滑りです。この時はかなり霧が出て来てて、超急斜面が良く見えなかったので、
かなり苦戦していました!・・・・。
f0182173_13255830.jpg
スパンキーズ・ラダーを滑るのは2回の、僕の滑りです。
上部の岩セクションは手こずりましたが、最後はボスのTさんの教えに倣って、
ドッカ~~~ンと行きました!!


④「West Cirque」(ウエストサークァー)
f0182173_13265661.jpg
ウィスラーボウルのもう一つ右側からのエントリーする超急斜面です!
60°ぐらいか分かりませんが、今回のウィスラーツアーの中でも、一番の
超急斜面でした!! 上部の雪庇からドロップインして一気に落ちて行きます!
f0182173_13264832.jpg
そして、いままでに無い程の超急斜面でも、テレマークターンを決めて
一気に滑っていってしまうMr, K です!! この画像で、どれほどスティープな
超急斜面なのか伝わりますでしょうか?! とにかくジャンプターンの連続で
切り抜けました。
f0182173_13265243.jpg
Mr, K のライディングを横から捉えた画像です。こんな過酷なところでも、
テレマークターンを決めてくるMr, K の滑りは、見ていて感動的でありました!!



まだまだ(滑走編)は続きますっ!! 次はグレイシャー編だぁ~!
「つづくっ!!」・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-12 13:27 | イベント

<< ワイン 127 カナダ・ウィスラーツアー,(滑... >>