カナダ・ウィスラーツアー,(滑走編③)

ウィスラーの「滑走編、その③」は、予告通り(グレイシャー編)です!
f0182173_1312356.jpg
ウィスラーのブラッコム側の裏には「ブラッコム・グレイシャー」という
氷河があり、ちょっとしたハイクで足を延ばせば氷河の上を滑れるのです!
氷河の上を滑ると言う体験も、日本では出来ない事の一つなので、これも
ボスのTさんのガイドで、みんなと一緒に行ってきました~!!

ブラッコムマウンテンの一番上の「Showcase T-Bar」のリフトを降りると
この「Welcome to Blackcomb Gracier」という看板があります。ここから
裏側は「氷河」になっているのです。

f0182173_13113667.jpg
みんなで記念撮影をした後は、約200m程ツボ足でハイクアップして行き
ブラッコム氷河へのエントリーポイントへ向かいます・・・・。後ろに聳えている
のはブラッコムマウンテンのピークで、標高2240mです。

f0182173_13121629.jpg
エントリーポイントに到着しました~! Mm ちゃんの後ろには、さっき
登って来た「Showcase T-Bar」リフトが見えますね! ツアーをしたのは
滑走3日目で、この日は前日にパウダーが降っていて、グレイシャー全体が
フッカフカのパウダーに覆われていましたぁ~!! たくさんのトラックが
入らないうちに早く滑らないと、カナダのスキーヤーはパウダーが大好物!
なので、ノートラックがすぐに無くなってしまいます!! 僕たちも急いで
ドロップ・インですっ!!

f0182173_14163464.jpg
まずは、スプリングバンクN のドロップ・インの瞬間です。
素晴しいパウダースノーに、自由にシェプールを描いて行きます~!!
グレイシャー上部は、ちょっと霧に覆われていましたが、案外視界が
よくて、最高の1本となりました~!!

f0182173_13124621.jpg
そしてMn ちゃんのパウダーテレマークターンです!
最高の雪質にドライヴの効いたターンを決めて、思わず奇声が上がります!

f0182173_13185619.jpg
ブラッコムグレイシャーのツアーは、スゴ~~~~く長いコースなので、
僕たちでもはぐれないように、途中でストップしちゃいます・・・。だんだんと
グレイシャー下部に行くにつれて晴れて来て、周辺の山々が見えてきました!
テンションは最高潮に達して行きました~!!

f0182173_1319115.jpg
グレイシャー下部での、僕の1本目の滑りです! グレイシャーの
広大過ぎる斜面を一気にドッカ~ンと滑って、パウダーを頂きました~!!

f0182173_13125996.jpg
そして、ボスのTさんの滑りです!! グレイシャーの向こう側の
岩山の稜線に太陽が上がって来ている真ん中を、カメラマンのイメージ通り
滑り込んで来て下さいましたぁ~! 出来あがる写真のイメージもしながら
の滑り!、さすがですね。

f0182173_13131181.jpg
ブラッコム・グレイシャーコースを滑り切ってきて、全景が見えました。
この谷の奥の一番上から、ず~~~っとパウダーを滑って来たのですっ!!
最高のパウダーのノートラックに超広大なグレイシャーのコース!! この
1本がこれまでの生涯で最高の1本となった!!、という人もいたぐらいの
素晴しいコンディションでした~!

もし、読者のみなさんがウィスラーに行かれる事があったら、パウダーの日は
このブラッコム・グレイシャーコースに行くのをお薦めします!! 生涯最高
の1本になるかも知れませんっ!!・・・・。

「つづく」!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-17 13:14 | イベント

<< 水芭蕉の季節です! 乗鞍バックカントリースキー >>