ワイン 133

今日は、先週満を持して飲んだオールドヴィンテージの安旨ワインです。

今回のワイン「ブルゴーニュ・パストゥグラン、ピエールブレ」1996年です。
f0182173_9193095.jpg
このワインはフランスはブルゴーニュ地方のワインなのですが、いつもの
ピノ・ノワールと言うブドウ品種だけではなく、ボージョレィなどを造っている
「ガメイ」というブドウ品種も混ぜて造ってます。なので通常のブルゴーニュ
ワインよりも少し安い目に仕上がっています・・・。

造り手はジュヴレ・シャンベルタンの村の名手ドメーヌ「ピエール・ブレ」です。
1864年創業と、村に古くからあるドメーヌで、「クロ・ド・ラ・ジャスティス」
という畑を単独所有しています。他にも特級畑であるシャンベルタンはもちろん、
レ・カズティエやマジ・シャンベルタンなどもあります。当時から非常に評価の
高いネゴシアンとなっていて、現在はピエールさんの甥の「ベルナール・ヴァレ」
さんが運営しています。ワインは伝統的な造りで、新樽はあえてあまり使用せず、
熟成させていて、濾過はぜずに瓶詰めされます。自社セラーで昔ながらの方法で
醸造を行っているのです・・・。 特徴は、除梗せずに長期マセラシオンをすること、
マストを高温で醗酵させること、などです。


そんな老舗ドメーヌの一番廉価版ワインである「パストゥグラン」なのですが、
今回のボトルは1996年産と、もう15年も経っているワインなのです!普通は、
安ワインは長期熟成しないので、新しいヴィンテージの方が悪くなっていなくて
フレッシュで美味しいと言われていますが、今回のピエール・ブレ社のワインは
はたしてどうなのかっ?!・・・・。いざ、オ~プン~です!!
f0182173_9193931.jpg
このワインは、飲む3時間ほど前にオープンしておきました・・・・。
色合いは朱色で少しオレンジかかっています。少しピークを過ぎたワインかな?
と思ってしまいます・・・。しかし、香りが良く立って来ます!古樽のような感じ、
酸味のある熟したトマト?、革製品や木の皮の感じ、高級オールドヴィンテージ
ワインにあるような香りがします!! 飲んでみると、やはり味わいは薄くて、
古いような酸味があり、バランスは良いとは言えないように感じました・・・・。
でも香りは古酒のようなニュアンスがたくさんあり、非常に良い香りでした!

でもこのワインは2千円以下です! これでこの古いワインのニュアンスを感じ
られるのは、とても面白いと思います。いつもと違った感じですが、お薦めです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-05-23 09:19 | お店のご案内

<< 乗鞍「山菜フェスタ」は、今週末開催! 乗鞍高原・開山祭! >>