ワイン 134

今回は、K8 と飲んだ久しぶりのイタリ~ワインです。

今回のワイン「ラ・スピネッタ、ランゲ・ネッビオーロ」2008年です。
f0182173_18501795.jpg
このワインは、イタリア北部のミラノの近くピエモンテ州で
造られる、イタリア固有のブドウ品種「ネッビオーロ」の赤ワインです。

造り手は「ラ・スピネッタ社」です。「ラ・スピネッタ」とはピエモンテ州に
広がる丘陵の頂上を意味するらしいです。現在は、ジャンカルロ、ブルーノ、
ジョルジョの「リヴェッティ3兄弟」が、ワイン造りに取り組んでいます!・・・。
彼らのワイン哲学は、「高品質ワインの追求」で、ブドウ畑の耕作作業から、
最終段階のボトル熟成にまで妥協せず、土着のブドウ品種「ネッビオーロ」
にこだわりながら、新しい試みに挑戦しています!もともとはスパークリング
ワインの「モスカート・ダスティ」の優れた生産者として知られていましたが、
近年はこの「ネッビオーロ」の栽培にも力を注ぎ、「バローロ・ボーイズ」の
中心的な存在となっています。 

このボトル、「ランゲ・ネッビオーロ」は、この「ラ・スピネッタ社」の廉価版
イチオシのワインで、アルコール発酵後、フレンチオーク樽でマロラクティック
(乳酸菌)発酵。そして、ミディアムローストのフレンチオークの新樽で12ヶ月
熟成というこだわりの造りです!!・・・。


こんなこだわりのイタリアワインですが、約¥3000-と格安なんです!
イタリアのワイン誌「ガンベロ・ロッソ」では、2001年に「ワイン・オブ・ザ
イヤー」を獲得しています! そんな噂のイタリアワイン、オープンです!
f0182173_18502562.jpg
このワインも、開けてスグからとても良い香りがしてきました~!
いつものフランスワインとは違い、和菓子のような甘い香りもしています・・・。
味わいもとても柔らかくて、味わい深いのですが不思議と飲みやすいですね!
僕にはちょっと酸味が引っかかりましたが、K8 は「美味しい!」を連発して
いました~。 「安旨ワイン探検隊」としては、かなりの合格点の安旨ワイン
でした!!

最近のイタリアわいんは、とても安くて美味しいワインがたくさんあります!
まだまだ探索しないといけないね~と話してました・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-05-27 18:50 | お店のご案内

<< 200km ブルベに挑戦! 乗鞍、雪の壁! >>