ツキノワグマの生態と対策講習

昨日、「ツキノワグマとニホンザルの生態と対策の講習」というのが
地元乗鞍高原の「大野川小・中学校」のPTA主催で行われました!
僕のお店の周辺でも、サルやクマ、カモシカなどが出没していますので
これはぜひ聞いてみたいと思って、講習を聞きに行ってきました・・・。
f0182173_10115162.jpg
講習の講師は、信州大学農学部の教授である「泉山茂」さんです!。
去年の講習でも講師として来てもらっているらしく、今年で二回目みたい
です・・・。 泉山先生は、クマの生態学を研究されている先生で、いろんな
場所で捕獲されているクマにGPSを取り付けて行動を研究されているの
です。なのでクマの話が多かったですね・・・。 話の中には、日頃僕たちが
考えているクマの常識が覆されたり、驚きの話もたくさんありました!!

クマが人とのトラブルを起こすのは、夏の8月が非常に多いらしいです。
僕は夏は食べ物が山にはたくさんあるので里にはこないと思っていたの
ですが、ベジタリアンのクマにとっては8月は、樹々の新芽がなくなり、
秋の木の実には早くて食べ物が無い月なので、人里に出没してトラブル
になるらしいです。僕が思っていたのとは逆でした・・・。

そしてクマは甘いモノがだいたい好きなのは本当らしいですが、全ての
クマがハチミツが大好き!というワケではないらしいですね・・・。


f0182173_10115984.jpg
講習では、普段あまり見られないようなクマの画像なども見れて、
興味深々の1時間半ぐらいでした・・・・。 僕たちの住んでいる乗鞍高原でも
クマはたくさんいるので(実際に僕も出会った事が数回あります!)、この
ような講習を聞いて、日常生活でも気を付けて行きたいと思いました。
有意義な時間でした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-11 10:12 | イベント

<< 乗鞍高原のつつじ園 乗鞍バックカントリースキー&雪情報。 >>