モルトウイスキーご紹介。

今日は、これまた久しぶりのモルトウイスキーのご紹介です・・・。
この夏はどんどんウイスキーを売って行きたいと思っていますので
宜しくお願いしま~~す。

「ブローラ、プレストンフィールド」1981年ヴィンテージです。
f0182173_1084584.jpg
このウイスキーは、「ブローラ」という蒸留所で造られたモノです。
「ブローラ」と言う蒸留所は、あまりシングルモルトの解説書にも
出てきません。それは「クライヌリッシュ」という蒸留所が1969年に
新しく建て替えた時に古い方の工場がまだ稼働していて、その古い方の
工場で作られたモルトウイスキーが「ブローラ」という名前で、市場に
出されていたモノだからです。しかしその後、この古い「ブローラ」の
工場も1983年に閉鎖され、現在「ブローラ」として出回っているボトル
は、この14年という短い間に造られたモノだけです!・・・。ストック分
だけが残っている貴重なモルトです。

そしてクライヌリッシュと味わいを分けるために、この「ブローラ」では
ピート(泥炭)をけっこう焚き込んでいる麦芽を使ってウイスキーを造って
いたので、ピ-ティーでスモーキーな味わいになっています。現在の様に
モルトウイスキーがまだ有名でなかった80~90年代は、ハイランド産の
ピーティーでスモーキーなウイスキーと言えば、この「ブローラ」だけしか
ありませんでした。それぐらい個性の強いモルトとなっているのです!


f0182173_1085364.jpg
ラベルの真ん中に、ほんの少しだけ「Brora Distillery」という文字が
見えますね・・・。 

そして、この「ブローラ」をボトリングしたのは、フランスのネゴシアン会社
「ラ・メゾン・デュ・ウイスキー」社です。フランス最大の酒類流通業者にて、
各モルトウイスキーのボトラーズメーカーから独占販売品を提供してもらって
主にヨーロッパで販売しています。 膨大なウイスキーを持つ巨大な会社です。
この「プレストンフィールド」というシリーズは、現在造られていません!・・・。
これもデッドストックなのです。


こんな、珍しいモルトウイスキーはいかがでしょうか?? この夏に乗鞍高原に
避暑に来て、涼しくて愉しい夜を美味しいウイスキーと一緒にどうぞ!
スプリングバンクへのご来店、お待ちしています!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-08-06 10:11 | お店のご案内

<< 乗鞍号でGO! 本の虫 >>