モルトウイスキーご紹介。

台風で大雨の被害が、全国各地から聞えて来る今年の秋ですが、
これからの秋の夜長にゆっくりと飲みたい、閉鎖蒸留所のレアな
モルトウイスキーのご紹介をします。

1本目は「グレンユーリー・ロイヤル」1976年です。
f0182173_9561319.jpg
このシングルモルトウイスキー「グレンユーリー・ロイヤル」は、
「ロイヤル」の称号が与えられた数少ない3つの蒸留所のひとつで、
昔から非常に入手困難なウイスキーだったようですね・・・。もともと
地主で国会議員だったロバート・バークレイさんが1825年に創業。
創業者が国会議員だったので皇族とも親交があったので、時の国王
「ウィリアム4世」から「ロイヤル」の称号を授かったようです。
しかし、長引く不況により1985年に工場閉鎖・・・。なのでその後は
一滴のウイスキーも造られていませんし、今後も造られる事はない
ので、ストック分だけの貴重なウイスキーとなるでしょう。

2本目は「グレンアルビン」1973年です。
f0182173_9562255.jpg
このシングルモルト「グレンアルビン」も閉鎖して今は無い蒸留所の
レアモルトです。スコットランドの北の玄関口、工業都市「インバネス」
にあった3つの蒸留所のうちの一つで、創業は1846年。昔のビール工場
を改造してこのウイスキー工場「グレンアルビン」が造られたようです。
世界大戦中は軍の施設として利用されていた経歴もありますが、1983年
閉鎖。このインバネス市には現在モルト蒸留所は一つもありません・・・。
現在この「グレンアルビン」の跡地はスーパーマーケットになってしまっ
ているようです。なので、このモルトもその後は一滴も造られていません
し、今後も造られる事はないので、ストック分だけの貴重なウイスキーと
なってしまうでしょう・・・。

f0182173_9563223.jpg
どちらも「ゴードン&マクファイル」の「コニッサーズチョイス」の
シリーズのボトラーズものです。10年以上前のラベルのボトルです。

この台風が去った後の、風流な秋の乗鞍高原の夜をこんなモルトと共に
ゆっくりと過ごしませんか?! ご来店お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-21 09:56 | お店のご案内

<< ピスラボ・サマースキー フォトフェスタの審査員になって... >>