ワイン 148

この秋はなかなか前進できていない、僕たち「安旨ワイン探検隊」
なのですが、今回はいきなりイタリアの秘境ワインの探検です!

「レ・クーポレ・ディトリノーロ」2008年です!
f0182173_9273432.jpg
このワインは、イタリアのトスカーナ地方のワインです。始まりは、誰も
目もくれなかった「サルテアーノ」という荒れた土地。そこを開墾して
ワインを造っているのは、奇才「アンドレア・フランケッティ」さんです。
彼は、たまたまこの「サルテアーノ」を訪れた時に、自分の理想である
イタリアの田舎をそこに見つけます。そしてローマでの都会生活を捨てて
移り住み、それ以来は自然と一体となった生活を営みつつ、ワイン造り
を行っています。

そして、この新鋭機新のワイナリーがなぜ注目されているのかというと、
アンドレアさんがワイン造りを見習ったのが、あのフランスのシンデレラ
ワインである「ヴァランドロー」の「ジャン・リュック・テヌヴァン」さん
なのです。当時は全く無名だったこの「クーポレ」を抱えてフランスへ
行き、テヌヴァンさんの教えを請うたらしいです。現在は技術協力をして
いるらしく「ヴァランドロー」で培われた技術も使われているようです!!
なのでブドウ品種もカベルネフラン種やメルロー種を使い、熟成用の樽も
フランス産を使っています。ブドウも出来るだけ自然栽培でオーガニック、
その土地の個性も出せるように、その地でのブドウを最高の形で栽培して
いるらしいです!


と!、ここまでの注目株のイタリアワインで、しかも2千円台とくれば!、
僕たち「安旨ワイン探検隊」が見逃すハズはありませんっ!! いざっ、
オ~~プン~~!!ですっ・・・・。
f0182173_9274139.jpg
開けてスグから、素晴しい!、ちょっと濃い目の香りが広がります!
樽のニュアンスが全面に出ていて、オークとロースト香が抜群ですっ!!
K8 曰く「コーヒー飴のように甘く香ばしい香りだ!」らしいです。でも
その通りの感じで、最初に樽の香りが全面に来て、後に複雑なブドウ由来
のワインの味わいが来ます・・・。 ゆ~っくり飲んで行ってもあまり香り
は変わらず、最後まで同じように、樽の良い香りに包まれていました・・・。
こんなワインも美味しいな~!と思わせられた、樽香のワインでした・・・。


これからも、いろんなワインという秘境を探検していく所存でございます。
なので、「安旨ワイン探検隊」宜しくお願いしま~す。このブログの読者
のみなさんのワインライフのご参考になれば幸いです・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-28 09:27 | お店のご案内

<< Mt,乗鞍のシーズン券販売開始! 赤いそば畑 >>