ワイン 154

先日K8 が、入手最困難と言われているドメーヌのワインを、格安で
購入してきましたので、緊急で「安旨ワイン探検隊」の出動ですっ!

「ブルゴーニュ・グランオルディネール、コシュ・デュリ」1996年です。
f0182173_106454.jpg

このワインはブルゴーニュ地方の西側の斜面で造られるワインです。
クラスは「ブルゴーニュ」の地域名ワインなので、格下のクラスですが、
造り手がスゴいんです!! 「ブルゴーニュの白ワインの神様」とか、
「白の魔術師」と言われ、生産量も極小で最入手困難なワインの一つ
となっているのですっ!!(しかしこれは赤ワイン・・・)

その造り手がドメーヌ「コシュ・デュリ」です。ムルソー村の白ワインの
造り手である「コシュ・デュリ」。1920年設立の小さなドメーヌで、最初
は小さい畑の折半耕作からスタートしました。その後少しづつ畑を購入
して、現在はピュリニーやムルソーで多くの素晴しい畑を持っています!
ワインの元詰はドメーヌ設立時から始められていて、手造りの丁寧な
ワイン醸造。それでも樽の1/3をネゴシアンに売却するぐらいのこだわり
ようですっ!!


2009年ヴィンテージから「ジャン・フランソワ」氏は引退して息子さんに
当主代替わりしましたので、2009年からラベルが変わるらしいです!
なので、このボトルもこれで飲めなくなってしまう貴重なボトルなのです。
しかし、K8 はこれを3千円台で購入してきました~!! このお蔭で
「安旨ワイン探検隊」も遂に「コシュ・デュリ」のワインがテイスティングが
できます~~!!。 いざっ、オ~~プン~~~ですぅ~~~。
f0182173_1061131.jpg
このワイン、もうすでに15年も前のヴィンテージなので、開けてスグは
濡れた新聞紙?、蒸れた革製品?、煮詰めたキノコ!、のような変な
香りがあり、「痛んでいたのか?!」と思いましたが、念のために少し
時間をおいて飲んでみると、得も言えぬような素晴しい古酒の香りが
グラスに広がって来ましたぁ~!! 煮詰めたあんこのような甘さと
繊細な樽のニュアンス!、古酒なのでとても滑らかで一切の酸味が
ありませんね!・・・。 2時間程で劇的に変化していきました。そして
最後の一杯は至福の味わいになりました。 と~っても美味しかった
です!! 

これだからワインと言う秘境の探検はやめられませんね~。こんな
ワインを片手に高原の静かな夜を過ごしてみませんか?
スプリングバンクでご来店お待ちしています!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-11-15 10:06 | お店のご案内

<< 雪降りました~!! 地酒フェスタ開催! >>