アイスクライミングの朝練

この年末の某日の早朝5時。-15℃と極寒の、まだ朝陽が上がらない
真っ暗な乗鞍高原・・・・。青白いヘッドライトの明かりだけを頼りにして、
どこからともなく暗がりの中から集まった輩が5人・・・・。 でも彼らは
テロリストの集団ではない!・・・・。
f0182173_10381768.jpg
彼らは、ストイックにただ山を登る事だけに人生を捧げたクライマー!!
これは、今年早くも始まった、「CCC」のアイスクライミングの早朝練習会
なのであった!!・・・・。

朝5時に集合して、一路、冬の間「氷瀑」になっている「善五郎の滝」へと
向かって歩いて行く・・・。 辺りはシンッと静まり返った、身も切れる程の
極寒の氷の世界! しかし、その真っ暗な氷の世界へと挑む彼ら5人の
情熱だけが熱くたぎっていたのであった・・・・。

f0182173_10383096.jpg
まだ辺りが暗い内から、クライミングの準備を手際良くし始める・・・・。
腰にはハーネスを装着!、そしてカラビナにビレイ器具の取り付けて、
そしてヘルメットを装着っ!! 彼らには、なぜか!残された時間が
無いのだった!・・・。そして、ロープを互いのハーネスに結び終わると、
「これから登るんだ!」という緊張感がサッとみんなに走った・・・・。

そして、「クライミング・オン!」だ!!
f0182173_10385790.jpg
本日の1枚目は、「CCC 」の登攀部長であるFZ さんからです!!
少し明るくなってくると、見ている者が「簡単じゃないか?!」と、錯覚
するぐらいに、慣れたムーブで滑らかに登って行かれてました!!

f0182173_10391024.jpg
その後に、僕を含む生徒さんたちが数人、練習させて頂いたのであった。
2枚目は、この朝練の常連である、I さんだ。この極寒の寒さの中だが
今回はサクサクと完登されていたのだった!

f0182173_10392256.jpg
そして、最後に僕も登らせて頂いた。
極寒の気温の中のアイスクライミング!、やはり思っていた通り腕と手が
凍りそうな程冷たくなり、かじかみそうだ!・・・。あまり時間をかけると腕も
パンプアップしそうなので、頑張って素早くを心がけて登って行った・・・・。
しかし、実際に登り始めると、アイスアックスを振る楽しさが!、アイゼンを
蹴り込む氷の心地よさが!、そして、まるで子供のような挑戦欲がっ!!、
僕の心をも熱くさせて、ただ無心に「アイスクライミング」を楽しんでいたの
であった・・・・。

f0182173_10393894.jpg
そして、時間が来たのを告げる朝日が昇って来たら、彼らはまた準備の時と
同じように、迅速にクライミング・ギアを回収して!、吹雪の中へと「ヒーロー
戦隊」のように、素早く颯爽と去っていったのであった!・・・・。  そして!、
今シーズンも「CCC」の朝練はつづくのであった・・・。



(このブログ記事を見て、やってみたいと思われても、決して自分達だけでは
 行かないようにして下さい。必ず十分なギアとガイドさんと一緒にされるように
 して下さい。よろしくおねがいします。 今回のガイドも、僕がいつもお世話に
 なっている、「やま工房」さんです~!「やま工房」さん詳細はコチラをクリック
 して下さい。)


(*タイヘン申し訳ありませんが、身内の用事で急遽28日~29日のお店を
 お休みします。30日からは年末の通常営業です、宜しくお願いします。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-12-28 09:39 | アウトドア

<< ワイン 162 新雪の激パウダーに発狂す!! >>