バックパックの中身・・・。

やっと乗鞍も雪が積もって来て、バックカントリーのコンディションが
整って来ました! なので今日のネタは、これまで公開していなかった
僕のバックカントリー用バックパックの中身を本邦初公開します~!
(*山岳ガイドの方々にしてみれば、賛否の意見もあると思いますが、
 ご了承くださいね~・・・。)
f0182173_12433523.jpg
僕のバックパックは、昔~むかしの「グラナイトギア」の「コントレイル」
というモデルです!。僕のヘヴィ&デューティーな使い方にも負けずに、
11年使ってもまだ現役なのですっ!! とても古いモデルなのですが、
使い勝手が良くて決定打が打たれないので、まだまだ使えそうです!!
お気に入りのギアのひとつです・・・。


では、肝心のバックパックの中身をご紹介したいと思います。
f0182173_12434320.jpg
まずは、登攀用ギア&バックカントリーの「3種の神器」です。
上から、アイスバーンを登る用の足の爪「アイゼン」、雪崩捜索用の「ビーコン」
雪崩で埋没した人を掘り出して助ける用の「ショベル」、雪質をチェックするピット
を削り出す「スノーソー」、雪崩で埋没した人を探す用の「プローブ」、そして登攀
のための「ピッケル」です。 この辺りのギアは必須のモノが多いのですが、行先
の山の状態に合わせて持って行きます・・・。

f0182173_12435061.jpg
そして、エマージェンシー用のギア類です。
熱湯を持って行く魔法瓶「テルモス」、左は普通のスキーグローブ(予備)、いざ
という緊急事態に使う簡易テントの「ツェルト」、そして救急道具類パックです。
この辺りのギアもグループで一つずつは、必ず持って行くギアですね・・・。

f0182173_12435751.jpg
そして、最後の一枚は「小物類」です。
左から、ニット帽や滑走用のゴーグル、スリング&カラビナ、サングラスケース、
万能ナイフ、日焼け止め(これが無いとトンデモない事になる!)、ビニールテープ、
インナーグローブ、などなどです。

この他にも、食糧やエナジーフード、水筒(もちろん!)、そしてクライミングシール、
防寒着(最近はダウンウェア)、デジタルカメラ、などがあります・・・・。 


どうでしょうか?? 普通の方が思っているよりも、バックカントリースキーに行く時
に持って行くギアは、こんな感じで、かなりたくさんの道具が必要なんですね~。
初めてバックカントリースキーに行くのに、こんなにたくさんのギアを揃えられない!
と思われるかも知れませんね~・・・。 またこれから山道具についても、お気に入り
のモノやこだわりなども含めて、いろいろ書いていきたいと思います・・・。
宜しくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-01-11 12:43 | 日常

<< フィールドライフ冬号!! ワイン 164 >>