ワイン 165

今回のワインも、僕達「安旨ワイン探検隊」と、ピノ・ノワール好きの
H 夫妻と一緒にテイスティングした、ブルゴーニュですぅ~!!

今回のワイン「ボーヌ・レ・ゼプノ、セリエ・デ・ウルシュリーヌ」2007年です。
f0182173_10222197.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方のボーヌ地区にある、畑名の
ワインです。「レ・ゼプノ」という畑は、「ポマール、デゼプノー」という有名な
1級畑に隣接している良い立地の畑なのです!

造り手は、ネゴシアンであり、ワイン商の「セリエ・デ・ウルシュリーヌ」です。
このネゴシアン(ブローカー)は、1970年代に創業で、当主である「ラボー」
さんが選択したブルゴーニュ地方のいろんなワインを自社で販売しています。
特に、契約している農家達は「リュットレゾネ農法」という有機栽培を実践して、
古樹を大事にしているらしいです。ブドウはグリーンハーヴェストを行い、収量
をコントロールされ、丁寧に手摘みされます。その後、赤ワインは2週間程に
わたって徹底した温度管理の下醗酵され、その間1日3回程の「ピジャージュ」
(撹拌)が施されます。アリエ産のミドルトースト樽約30%で熟成されます。


徹底した管理の下造られる、有名ネゴシアンの畑名ワイン!これで2千円台!
このワインに「安旨ワイン探検隊」は、またスグに飛びついてしまいました~!!
どんな味わいなのかっ?いざ、オープンです! H夫妻、宜しくお願いします!
f0182173_10224146.jpg
このワイン、開けてスグからすご~くイイ香りがしてきました!! ピノ・ノワール
特有のイチゴの香りが前面に出て来てて、とてもフル~ティーな感じです!!
その中にもオーク樽由来のバニラのような甘い香りが重なって来て、ウットリ
するような果実香ですね。味わいもしっかりしていて、渋みとタンニンがしっかり
あって、最後はスッキリ抜けますがとても複雑になって行きます~!ハッキリ
言って美味しいです!! なかなか言葉では表現しにくい美味しさですね~。
最後までイチゴの香りに包まれました~~!!


H 夫妻、今回もどうもありがとうございました~!また宜しくお願いします。
お礼まで。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-01-15 10:37 | お店のご案内

<< アルクマ in Mt,乗鞍! Mt,乗鞍スキー場、ゲレンデ情報! >>