黒姫バックカントリースキー!

先日は、スキーヤーにとって最悪な雨が全国的に降ってしまい、
僕たちパウダージャンキー達は悲痛な嘆きに包まれていた・・・。

が、しかし、ホレた波を求めて彷徨い旅するサーファーのように、
ディープパウダーを飽く事なく渇望している僕たちスキーヤーは、
また今回も!深雪を求めて、彷徨い走るのであった・・・・。
雪がたくさん降っている北へ!!・・・。
f0182173_8573423.jpg
今回は高速道路を使って、松本市から北へと車を走らせて行く・・・。
長野・・・、小布施・・・、飯山・・・、と高速を飛ばして走って行っても、
まだまだ雪は少ない・・・。 そしてもっともっとディープな雪を求めて
どんどん北上して行き、今回僕達が辿り着いたのは、長野県最北の
「黒姫高原」であった!!・・・。 道路脇には今回も1.5m以上の積雪
があり、これなら僕達の渇望を癒してくれるだろうっ!!、とい事で、
急いでルートを確認して今回の目標を、「黒姫外輪山」へとロックオン!!
「求めるなら動け!」という誰かの格言どおり、今回もここから、、
やっとパウダースノーライディングへのツアー開始だっ!

f0182173_8574422.jpg
黒姫スキー場のリフトを乗り継ぎ、ゲレンデトップへ・・・。そこからさらに
もう一枚上に伸びる、今はもう使われていないゲレンデを、雪が降りしきる
中、歩いて登って行く・・・。 先日の雨の影響で、ゲレンデの雪はカリカリの
アイスバーンかと思っていたのだが、昨日からの大雪ですっかりリセット!
されていて、足元の雪はかなり深くてラッセルを強いられた!! なので、
今回もディィ~プなヤツが滑れるのだ!!と思うと、気持ちにスイッチが
入り!、一気に足取りがテンションMAXになって行ったのであった!!・・・。

今回のツアーのパートナーは、ガイドのTOM さんと、いつものAK君だ!
最近よく付き合って頂いている、バックカントリーのツワモノな皆さんだ。

f0182173_8575341.jpg
元スキー場の上からは、ブナの林の中をさらに上をめざして歩いて行く・・・。
昨日からの雪で、ブナ林全体が真っ白に樹氷状態になっていて、メッチャ
メチャ綺麗で、これを見るだけでも「来たかいがあった!」と思うぐらいに
美しかったのであった・・・。

f0182173_858564.jpg
それは、まるで「水墨画」の世界に飛び込んでしまったかのようだった!!
音も無く、凛として静寂で、そして色が全て融け落ちたかのようでした・・・。
(この画像で、少しは伝わりますでしょうか??・・・)

f0182173_8582088.jpg
しかし、その水墨画の中を、今回も極上の膝上ラッセルになりながらも、
太腿のチカラの限り頑張って、行けども行けども・・・、進めど進めど・・・、、
なかなか外輪山の稜線に辿りつかない!!・・・。 時間もリミットに近付き
もうラッセルの限界か?!と思ったその時!、やっとこの画像の外輪山の
稜線に辿り着いたのであった~!! ヤッタ~!今回も頑張りました・・・。
そしてここから、この至福のディープパウダーへとドロップ・インですっ!!

今回は、最初にドロップインしたのは僕です・・・・。
f0182173_8585581.jpg
今回の激深雪は、先日の雨で凍りついた斜面の上に乗っているので、
登りでラッセルしている時にすでにクラックが入って雪崩て行くぐらいに
危険な斜面だったので、一人ずつ少しずつ滑って高度を下げて行った
ので、僕が最初にドロップインしました。 それでもオーバーヘッド程の
ターンが何回もあり!体全体が雪で真っ白になるぐらいにディィ~~プな
パウダーだったぁ~!!まるで北海道のスキービデオぐらいにディープ
だったと思う!!

f0182173_859146.jpg
2番手は、AK 君!!彼はツリーランパウダーが大・大・大好物!!!
シーズンに何回も無いこんなにディ~プなツリーランで、今回は素晴しい
滑りを魅せてくれたぁ~~!! 
f0182173_8592339.jpg
腰~胸パウに何回もなって行き、埋まりそうになりながらも、スピードに
乗せて素晴しい快感と共にガンガン滑って行っていのであった!!! 


f0182173_14194223.jpg
そして、3番手はガイドのTOM さんの滑りです! ここから一気に、、、
なんと!、首パウになって行かれていらっしゃいました~!!!!
f0182173_14195120.jpg
深いっ!!!、深すぎるっ!!! 雪崩そうな斜面も過ぎて、ブナ林の中の
ツリーラン下部では、まさに至福のディープパウダー・ツリーランとなったので
ありました!!!

f0182173_8595320.jpg
そして!、最後に残った元ゲレンデのオープンバーンの激パウダーを
高速でカッ飛ばして滑って帰って行きました~。それでもこの体全体が
埋まるぐらいディープなパウダーで、息もできないぐらいでした!!・・・・。



そしてゲレンデに帰り着いて、3人で無事帰ってこれたのを喜びあい、
ハイタッチで締めくくりました。今回も本当に大当たりのツアーでした!
そして、、、
誰が言ったのかは分かりませんが、「求めるなら動け!」という言葉は
パウダーを求める僕たちの心の中に、いつまでも響いていました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-02-10 09:00 | アウトドア

<< 山岳ガイドさんのご来店! モルトウイスキーご紹介! >>